マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le 27 mai 2001
remise en page le 17 mars 2012
エルダーフラワーのシロップ Sirop de sureau

エルダーは英語、日本語では“ニワトコ”と呼ばれ、庭木としてよく見かける低木です
5月中旬頃から淡いクリーム色の小さな花を枝先に付け、ここフランス・トゥーレーヌ地方にも川沿いをはじめ沢山の花を咲かせています
実の色は日本では赤いのですが、ヨーロッパでは黒く、しかし汁を採ると濃く鮮やかな赤い色をしていて、地元のお菓子屋さんでは昔ながらの伝統的なレシピに従ったお菓子兼のど飴を作っていました
ノドに良いと言われるこの花と実、勿論花にも効用は色々あって、花粉症にも効果があると言われ、マスカットに似た香りと表現されるこの芳香ある花は、蜂蜜に漬け込んだりお菓子に利用したり、ヨーロッパでは古くからお料理に、家庭薬にと親しまれています
今回はその多様な楽しみ方の一つ、シロップをご紹介します
スパークリングウォーターやアルコールで割ってカクテルにしたり、リンゴとの相性がとても良いのでコンポートやタルトの香り付けに利用したり等々、使い道はアイデア次第です。

材料 :
  • 水:500cc
  • グラニュー糖:600g
  • レモン(無農薬):半個
  • ニワトコの花:約15房
    (50〜60g程度)


  1. レモン半個は皮ごとスライス又は4つ割りにする
    ニワトコの花は手早く冷水で洗って水気を切り、黄緑の枝をなるべく残さないように、ハサミなどを利用して白い花のみを集める
    (茎から苦みが出るため)

  2. 鍋に水と砂糖と共に入れ火にかける
    沸騰したら火から下ろし、花を加える
    又はビンに花を入れ、レモン入りの砂糖水を注いでかき混ぜる

  3. ビンにフタをして室温に24時間放置する
    (この際、フランス、ベルギーでは“太陽の元に置く”という人もいます。もう少し薄めに作って陽にかざしておくとスパークリングになるのだとか)
※保存は冷蔵庫にて、3週間程度を目安に使い切るようにしましょう
もっと長く保存したい場合は、水を一切加えずにグラニュー糖と混ぜて瓶詰めして冷暗所に保存すればそのまま乾燥するので、香りの強さは劣りますがカビが生える事なく長期保存出来ます。









© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés