マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le 28 juillet 2006
remise en page le 17 mars 2012
スペルト小麦のショートブレッド Spelt Shortbread

通常の小麦に比べると、グルテン含有量が少ないので小麦アレルギーの人の中には、これなら食べられる人も居る とか(人によるので要注意)、ヴィタミン含有量、ことにマグネシウムが多いとか、色々と重なって、近年やや復活傾向にあるシリアルの一つ、「スペルト小麦」。
古代小麦なんて代名詞も与えられていたりしますが、何も、古代忘れられていた種を掘り起こして育てているのではなくて、ヨーロッパではつい最近まで栽培されていたものの、生産性が悪いので小麦に座を奪われてしまっていたものです。
グルテン含有量が少ないならと、我が家で時々朝食やおやつ用に作るショートブレッドがこちら。
写真の黒い粒は、いい加減に指ですり潰した黒砂糖の塊ですが、なかなかこの粒も美味。
朝のエネルギー補給に如何?

材料:6.5cmの丸10枚分
  • バター:120g
  • 薄力粉:50g
  • スペルト小麦粉:200g
  • 黒砂糖:40g
  • 塩:小さじ1/4
  • 好みでヴァニラエッセンス:少々

<必要な道具(目安)>
・ボウル
・ゴムベラ
・セルクル等

<賞味期限>
湿気を避けて、涼しい所で4〜5日
  1. バターを常温で柔らかくし、黒砂糖は細かく潰しておき、塩と共にバターとよく混ぜ合わせる
    ヴァニラエッセンスを加える場合は、数滴たらしてここで一緒に混ぜる

  2. 1のボウルに、粉2種類を混ぜて一緒にふるい入れ、ゴムベラ(家ではシリコンスパチュラ)で丁寧に混ぜ合わせる
    ポロポロとしたそぼろ状の生地になる

  3. <形成>
    方法はいくつもあります。
    その1:セルクルと呼ばれる底の無い輪型(直径が大きい程仕上がり量は少なくなる)をクッキングシートに乗せ、生地を適量入れてまんべんなく均一に、8ミリ程の厚さになるよう生地を抑えてまとめ、型を外す。写真は、直径18cmのセルクルを使用。
    その後フォークでそっと全体をつついて膨らみ防止にピケし、パイカッターかナイフで十文字に2度切り込みを入れ8つに切り分ける。
    或いは小さなセルクルに1つずつ形成する。

    その2:丁寧に平たくのすように生地を広げて固め、そっと抜き型(シンプルな形のもの)で抜き取る。ただし生地がもろいのでやや難しい。

    その3:2同様に平たくのした生地を、ナイフで切り分ける。

    いずれの場合もフォークで、生地の膨らみを抑えるための穴を付けること

  4. 天板に移し、余熱を入れたオーブン170度で15〜20分程、薄いきつね色に焼き上げる
    焼き上がったらオーブンから取り出し、ケーキクーラーなどに乗せて完全に冷ませば出来上がり
※仕上がり量は、形や厚みによって異なります。 記載はおおよその目安です。
※黒砂糖が苦手だったら、上白糖やグラニュー糖を使っても構いません。また、甜菜糖のブラウンシュガー、ヴェルジョワーズを用いても良いです。









© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés