マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le 27 septembre 2006
remise en page le 19 mars 2012
栗のアイスクリーム Glace a la creme de chataigne

ツヤツヤした焦げ茶の、コロンと丸い栗は秋の風物詩。
森で拾って来た栗の皮を丁寧に剥いて、茹でてピュレにしても良いけれど・・・
このレシピでは目一杯横着して、市販のマロンクリームを使います。
私が使うのは、主にBonne Mamanの「Creme de chataigne:クレーム・ドゥ・シャテーニュ」。
既に甘味とヴァニラ風味が付いているので、材料を混ぜて冷凍庫へ入れたら、あとは時々様子を見ながら、凍りかけたところをせっせと崩してかき混ぜて、ふんわり口溶け良いクレーム・グラッセに仕上げます。
ちょっと贅沢するなら、市販のマロングラッセを刻んで混ぜても良いですよ。

材料 : 1リットル弱
  • 市販のマロンクリーム:300g
  • 生クリーム:250cc
  • 牛乳:300cc
  • 卵黄:2個
  • 好みでラム酒かコニャック:大さじ1

<必要な道具(目安)>
・ボウル
・泡立て器(手動)
・冷凍できるフタ付容器

<賞味期限>
冷凍庫に入れっぱなしで3週間
作り方
  1. ボウルにマロンクリームと卵黄を入れて、泡立て器でよく混ぜ合わせる。
    続いて生クリームと牛乳を少しずつ加え、均一になるよう丁寧に混ぜたら、好みで洋酒を加え混ぜ、冷凍可能な容器に移す。
  2. 容器にフタをして冷凍庫に入れ、1時間程したら一旦取り出し、底や側面の凍り始めた部分を丁寧に剥がして、フォークなどで丁寧に混ぜ合わせ、また冷凍庫に収める。
    凍りかけたらかき混ぜる、これを、ふんわりしたアイスクリームのテクスチャーになるまで幾度か繰り返せば出来上がり。
※かき混ぜる間隔は、冷凍庫の温度によりけりです。
最初は、材料がほぼ常温に近いでしょうから凍りにくいですが、一旦すっかり冷えて凍り始めると、その先少し早くなるので、40〜50分程度後で様子を見てみて、その凍り具合を次の撹拌の目安にしましょう。
放っておくとカチカチに、それを無理に崩すとジャリジャリになってしまうことがあるので、忘れないように気をつけて。









© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés