マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le 8 septembre 2003
remise en page le 12 mars 2012
肉じゃがノルマンディー風 Pomme de terre à la normande

ノルマンディーと言えば、澄み切った冷たい小川で育つマス料理もしかりですが、生クリームを使ったお料理が数々あります。
中でも田舎の風景によく似合う、“ノルマンディー版肉じゃが”といった家庭料理がこちら。
お肉はここでは豚の脂身の少ない塊肉を使っていますが、お好きな部分をお使い下さい。
胸肉など脂身の多い部分を使う場合には、下茹でして冷まして脂分を捨ててから切って、水に代えてその煮汁を使うとコッテリ具合が軽減されます。
又は厚切りベーコンにしたり、子牛肉や鶏もも肉など、使うお肉を変えても構いません。
余ったら、カレー粉をほんの少し加えて風味を変えたり、グラタン皿に移してすり下ろしチーズやパン粉などを振りかけてグラタンのように温め尚しても美味しいですよ。
(左はノルマンディーの昔ながらのお家:クリックするともう少し大きめが見られます)

材料 : 4人分
  • 豚塊肉:400g
  • エシャロット又は玉葱:150g
  • ニンニク(お好みで):1〜2片
  • 植物油:大さじ1
  • バター:10g
  • じゃが芋:600〜700g
  • 水:150cc
  • 生クリーム:150cc
  • 塩:小さじ2/3
  • 好みで粉状ブイヨン:小さじ半
  • 好みで刻みパセリ:少々
  • 好みで粉末白こしょう:少々

<必要な道具(目安)>
・煮込み向きの鍋

<賞味期限>
出来立てを賞味。時間が経つとジャガイモの味が落ちるので保存は翌日まで。

  1. ニンニクを入れる場合は縦2つに割って芽を取り除き横にスライス、エシャロットは薄い輪切り(玉葱を使う場合は小さなものを選ぶか、大きければ縦4つ割にしてから横に薄切り)にする
    じゃが芋は皮を剥き、7〜8mm幅の輪切りにする
    豚肉は3〜4cm幅にしてから5mm程の薄切りにしておく(程々存在を感じるサイズにお好みにどうぞ)

  2. 圧底鍋に植物油(バターを使っても良いですが、焦げやすいので要注意)とニンニク、エシャロット又は玉葱を入れ弱めの中火にかけてしんなりするまで炒める
    これに豚肉を加え、バター10gを加えて肉の表面にさっと火を通してから、輪切りにしておいたじゃが芋を加え混ぜる
    これに塩、入れる場合はブイヨン粉、胡椒を加え水を注ぎ、フタをして20〜30分、芋が煮えるまで弱めの中火で加熱する

  3. 芋が柔らかくなったら弱火に落とし、生クリームを加えてフタをせずに温める
    途中で、極力芋を潰さぬように(ほんの少し崩れるくらいが理想的、ソースにとろみがつきます)そっと混ぜてクリームが均一に行き渡るようにする
    そのまま5分強、グツグツと煮立てないように温めれば出来上がり
    好みで刻みパセリを散らして、バゲットや田舎パンを添えて召し上がれ
※じゃが芋は極力煮崩れないものを選びましょう
フランスでなら、サイズ中程度のCharlotte:シャルロットがお薦めです
※我が家では、甘くなってしまうので玉葱ではなくエシャロットを使っています。
好みの問題ですので、無ければ玉葱で良いです
※余った分をお鍋で温める場合、焦げ付いてしまいそうな時はほんの少しミルク(牛乳)を加えると良いですよ







© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés