マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le 2 oct. 2004
remise en page le 17 mars 2012
そば粉のサブレ Sable au ble noir

独特な風味のあるそば粉がお菓子作りにも使えることは、既に他のレシピページで触れています。
今回はあえて小麦粉を全く使わずに、ホロリともろいサブレクッキーに。
こわれやすいので、生地をまとめたら、型抜きから焼き上がったものが冷めるまでの全ての工程にちょっと気を使って丁寧に扱うのが大切なポイント。
ホロリとした食感と、ほんのり香る蕎麦の香りは、バターが美味しくそば粉のクレープにも親しみあるブルターニュ人にも好評でした。
※繰り返しますが、生地がとてももろいのでちょっとまとめにくいかもしれません。
適当な型が無かったら、パイカッター(直線カットタイプ)で好みの形に切っても良いですよ。
写真のものは、シンプルに、直径7cm程のセルクル(丸)型を用いて作りました。 複雑な形よりもこげ具合が均一なのが利点。

材料 :
  • そば粉:250g
  • バター(普通の有塩):150g
  • 砂糖:100g
  • 卵黄:2個

<必要な道具(目安)>
・ボウル
・ラップ
・めん棒
・オーブンペーパー

<賞味期限>
湿気を避けて1週間
  1. ボウルにバターを刻んで入れて室温に30分程おいて柔らかくし、砂糖を加えて泡立て器(手動)で白っぽくなるまでよくすり混ぜる
    卵黄を加えて混ぜ合わせる

  2. 1のボウルにそば粉をふるい入れ、ゴムべらに持ち替えて生地を切るようにして混ぜる

  3. 全体がしっとりと均一に混ざったら生地をひとまとめにし、2等分して一方を大きく広げたラップに乗せて、生地のひび割れを修正しながらまずは手の平で1cm程に潰す
    上にもう一枚ラップをかけて、めん棒(のし棒)で4mm程に極力均一にのす
    もう半分も同様にし、共にラップを外さずに平らなお皿やまな板などに乗せて冷蔵庫で30分程冷やし固める

  4. オーブンに余熱を入れておき、天板は取り出してオーブンペーパーを敷いておく
    伸して冷やし、固まった生地を冷蔵庫から取り出し、平らな作業台で上面のラップを外して型抜きする
    型にくっついて来たらそのまま移動してオーブンペーパーの上に置き、抜き型の縁をグルリ一周生地をそっと指で押し出して次々と並べて行く
    型にくっついて来なければ一通り型取ったら、下になっているラップを手でそっと持ち上げて、生地ではなく裏のラップを剥がすようにして生地を天板に移す
    抜き取った残りの生地は再び、極力手早くまとめて3と同様にのし、型抜きする
    温まって柔らかくなりすぎたら、のした生地を再び冷蔵庫で冷やす

  5. 170度程のオーブンで10分弱(小さく熱の回りが早いオーブンならもう少し時間短縮)、こんがりきつね色に焼き上げたら取り出し、完全に冷ましてから召し上がれ
    保存は、すっかり冷めてから、湿気を避けて缶などに入れましょう
※焼く際、生地はあまり膨らまないので、間隔は5mm〜1cmあれば良いです
型抜きに丁度良い物がなくて、パイカッターやナイフを用いて形成する場合には、例えば四角く作る際、角部分が焦げやすいので、生地の厚みに直角に指をあてて押し、丸みをつけておくと良いですよ。









© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés