マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le 10 sept. 2002
remise en page le 17 mars 2012
そば粉のパン・デピス Pain d'epice au sarrasin

フランス・ディジョンの街が発祥と言われる、ハチミツたっぷりの“パン・デピス”
コク深く香り豊かな焼けたハチミツの香りとスパイスが微妙な香りを出す、フランスの家庭では定番のお菓子です。
そんなベーシックなパン・デピスをちょっとアレンジして、そば粉を加えてみました。
一口に粉と言っても、そば粉をお菓子に利用すると意外な食感を楽しめたりします。
蕎麦饅頭の皮を連想させる食感で、お腹にたまるお菓子なので朝食にもどうぞ。
通常のものは別途レシピページを用意していますので、ご参照下さい。

材料 : 10×20cmのパウンド型1個分
  • 小麦粉:80g
  • そば粉:120g
  • ベーキングパウダー:小さじ2
  • ハチミツ:170g
  • グラニュー糖:大さじ3
  • 牛乳:80cc
  • 玉子:2コ
  • キャトルエピス:小さじ半

  1. オーブンを170度に熱しておく
    型に薄くサラダオイルかバターを塗っておく(クセの無い植物油を使うとお菓子の風味に影響が出ません)
    粉2種類とベーキングパウダー、スパイス(キャトルエピス)を合わせてふるう
    これにグラニュー糖を散らしておく

  2. 小鍋にハチミツを入れて弱火にかけてサラリとするまで温める
    温まったら火から下ろし、ミルクを加えて混ぜる
    これに玉子を割り入れ、よくかき混ぜる

  3. 2を、1のふるった粉類にあけ、ゴムベラで均一になるよう混ぜる
    生地を型に流し込み、温めておいたオーブンで15〜20分程膨らむまで焼き、その後150度程に温度を下げて更に15〜20分焼く
※ハチミツを加えたお菓子というのは、割と早く色が付きます
上部が焦げてしまいそうな時は、ふくらんだ表面が乾いたかな という時にアルミホイルを乗せて直接当たる上火から保護します。
焼け具合の確認は他のパウンド型を使った焼き菓子同様、爪楊枝などを中心に刺してみて、ねっとりした生地が付いて来なければOKです。
あら熱が取れたらアルミホイルかラップでキッチリ包んで、1晩寝かせると味が馴染んで美味しくなります。
※そば粉独特の風味があるので、こちらにはスパイスのみでオレンジやレモンピール(皮又はその砂糖漬)は加えていません ※小麦粉は我が家ではTYPE55を使っていますが、日本の粉の場合は薄力と強力粉を半々ぐらいに混ぜるか、強力粉だけでも良いようです
そば粉はこちらでは「farine de sarrasin」又は「farine de ble noir」などと呼ばれています
※キャトルエピスとは仏語で(他国でも通用)4つのスパイスという意味のミックススパイスです
シナモンをメインにクローヴ、ナツメグ、ジンジャーがオーソドックスな配合、その他メーカーや好みによって微妙に違う場合もあるようですが、市販の物の中から気に入ったのを1本用意しておくと焼き菓子のみならずカレーなどにも利用できて便利です

頂いたご意見
●2004/12月 けいか さん(ゲストブックにて)
こんにちは!
TOMATOさんのレシピで、
「そば粉のパン・デピス」と「バナナケーキ」を作ってみました。
両方とも、とてもおいしく出来て感動しています!
TOMATOさんのレシピは、注意等も書いてあり、わかりやすくて良いですね♪








© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés