マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le 10 aout 2001
remise en page le 13 mars 2012
アンチョビのパスタ1 Paacirc;tes aux anchoix

“アンチョビ”は、ピザのトッピングにも見かけるのでご存知の方も多いと思いますが、カタクチイワシ科の小振りの鰯を塩漬けにしたものです
塩漬けした後にも更に様々に加工された製品があります
パスタと合わせるのは、パスタの本場イタリアでもとてもポピュラーな味付け
我が家でもよく使う食材で、オイル漬けを利用して色々と変化を付けて楽しんでいます
今回はその中から最もシンプルなものを3つご紹介します
まずは“その1”から

材料 : 2人分
  • ニンニク:2片
  • アンチョビフィレ:8枚
  • オリーヴ油:大さじ1半
  • タカの爪(赤唐辛子):好みで1本
  • スパゲッティ:200g程

  1. スパゲッティ用のお湯を沸かし、沸き次第塩を加えてスパゲッティを茹で始める
    ニンニクを細かく刻むかニンニク潰しを利用して潰し、フライパンにオリーヴ油と共に入れて弱火にかける
    ※赤唐辛子を加える場合は汚れを拭って種を抜き、赤い部分のみを上記のフライパンにニンニクと共に加え、アンチョビを加える前に取り出す

  2. 1のフライパンの油が暖まってニンニクの香が立ってきたらアンチョビを加えて炒める
    (アンチョビは刻んでもそのままでも構いません)
    炒めているうちに煮崩れてくるので、焦がさないように注意し、ニンニクに火が通り全体がペースト状になったら火を止める

  3. 茹で上がったパスタの水気を切り、2のフライパンに加えて全体を和えれば出来上がり
    好みで、刻んだフレッシュバジルの葉を散らしても良い
※アンチョビペーストも市販されています
そちらを利用しても似たような物は作れると思うのですが、ペーストとフィレでは微妙に風味が違う上ペーストタイプは塩分が強いようなので、熱するととろけるように煮崩れる事もあってフィレを使っています
ペーストでも構わないという方はオイルでニンニクを熱して香りを出し、味を見てペーストの量を調整してみて下さい(小さじ2杯弱程度で良いとは思いますが)








© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés