マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le 21 fev. 2002
remise en page le 13 mars 2012
チコリとベーコンのサラダ Salade d'endive au lardon

他の春野菜に先だって、冬から出てくるのがこのチコリ
ベルギーではシコン、フランスではアンディーヴと呼ばれるこのベルギー生まれの小さな白菜のようなこのお野菜は菊科でタンポポとも親戚、独特のほろ苦みが好まれています
ヨーロッパの野原には野生のものも自生していて、夏にはとうが立ち爽やかなブルーの花を付けますが、お野菜としては日の光を遮り土盛りをして白い球状の柔らかい葉を育てます
球状に育てるのは簡単ではありませんが、タンポポ同様に開いた葉もサラダに使え、関東以北ならばプランターでも育ちます
大分前にグラタンをご紹介しましたが、今回はシンプルな生食サラダを。

材料 : 3〜4人分
  • チコリ(アンディーヴ):500g
  • ベーコン:130g
  • 赤ワイン酢:小さじ2
  • オリーヴ油:小さじ2
  • 塩:約小さじ1/3
  • コショウ:好みで少々
  • 刻みパセリ:お好み

  1. ベーコンは薄切りであれば1cm幅の短冊切り、塊の場合はマッチ棒状に切る(細かく刻んでも良いのですが、混ぜた時に器の底に落ちてしまうのである程度長さがあった方がよくからみます)

  2. チコリは汚れを拭うか、汚れた部分を取り除いて気になるようならばさっと水洗いして水気を切る
    縦2つ割にして芯を取り除き、幅3cm程の食べやすいサイズに切ってサラダボウル又は混ぜるためのボウルに入れる

  3. 鍋又はフライパンにベーコンを入れて弱火でカリッとするまで炒め、火から下ろす
    これに酢と塩(ベーコンの塩分にもよるので少な目に加えて最後に調整します)、オリーヴ油、お好みでコショウを加え混ぜ、あら熱が取れたらチコリに回しかけて混ぜれば出来上がり
    お好みで風味と色合いを添える刻みパセリを散らして召し上がれ
※乾煎りして冷まし、刻んだクルミを散らしても合います
※ベーコンを炒める際、それ自身の脂分が出るのでオイルを加えていません
薄切りで焦げ付く恐れがある場合は、ほんの少しオイルを敷いて炒めます
※このサラダに限りませんが、サラダボウルで混ぜてしまうと洗い物が一つ減りますよ








© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés