マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le 3 juillet 2002
remise en page le 19 mars 2012
“ソッカ”風クレープ Socca

フランス南部ニースの街のあちこち(特に旧市街)やマルシェに、巨大なクレープのような“ソッカ:Socca”と呼ばれる名物料理があります
これはひよこ豆(ガルバンゾー/チックピー)の粉を使った、クレープの一種
本来は銅又は鉄製の直径1メートルはあろうかという大きな大きな鉄板に生地を流して、昔ながらの木をくべたオーブンでこんがりと焼き上げるもので、今も本場ではそうしたオーブン焼きのものが売られており、少しずつ切り取っては1人分ずつお皿に乗せて手渡してくれます
現地の人に言わせれば、小さく焼いたソッカはソッカではないのだそうですが・・・ このレシピはお家で作れるようアレンジしています
でも、お味の方はそうそう遠くなく、ひよこ豆独特のふんわり立ち上る甘い香りと味わいをお楽しみ頂けることでしょう
塩味が付いているのでそのままでも、夏野菜のフリッターやファルシを添えて軽食に、インドのナンのようにパン代わりにスープに軽く浸して食べても美味しいですよ。

材料 : 3〜4枚分
  • ひよこ豆の粉:140g
  • 水:250cc
  • 塩:小さじ1/3
  • オリーヴ油:大さじ1半
  • フライパン用オリーヴ油:適宜

作り方
  1. ボウルに、ひよこ豆の粉、塩、水、オリーヴ油を入れ泡立て器で(泡立てずに)ダマが残らないようよく混ぜる
  2. フライパンを熱しオリーヴ油を、普通のクレープを焼く際のバターやサラダオイルよりもやや多めに敷いて1の生地を1/4〜1/3程流し、すぐにフライパンを回して全体に行き渡らせる
    そのまま中火でやや焦げ目が付くまで(表面があらかた乾いたようになるまで)焼き、フライ返しを使って裏返してもう片面もやや焦げ目が付くまで焼く
    これだけです
    温かいうちに召し上がれ
※火加減は様子を見て強弱適宜調整して下さい
※フライパンに油を行き渡らせるのに、キッチンペーパーを畳んでオイルを含ませて全体を撫でるようにすると良いですよ
油を拭いすぎないようにして下さい。








© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés