マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le 31 janvier 2016
ひよこ豆粉のバナナケーキ、チョコチップ入り
Cake à la farine de pois chiche à la banane et aux pépites de chocolat

次々混ぜて行くだけで泡立ていらず、チャチャと作れる我が家のバナナケーキの、グラムフラワー(ひよこ豆粉)バージョン、チョコチップ入りです。
バナナでしっとり、更に甘みも加わります。

切り口の色が濃いのは、写したケーキを作った際にココナッツファインを入れるつもりでブラウンシュガーを加えて作ったためです。
末尾に補足を添えますが、チョコレートチップ又はカットしたデザートタイプのショコラを加える場合には、ブラウンシュガーでなくグラニュー糖のみの方が合います。


材料:パウンド型1つ分(正味量)
バター(無塩でない普通の):100g
グラニュー糖:100g
玉子(M玉):1個
ミルク(牛乳ね):50cc
バニラエッセンス(なくても良い。ショコラが入るので):2、3滴
バナナ(そのまま食べるのに丁度良く熟したもの):1本
チョコレートチップ(又はデザートタイプのショコラを刻んで):50g
ひよこ豆粉:180g
ベーキングパウダー:小さじ3/4(1弱)

<必要な道具(目安)> ケーキ形(又は適当なグラタン皿)、ボウル、泡だて器(手動)、粉ふるい、シリコンべら。
<賞味期限> 1晩寝かせてよりしっとり。保存は冷蔵庫の匂いが付かないように包んで冷蔵庫で4、5日まで。
<手順> 材料を順に、粉はふるって加え混ぜ、形に流して焼く。 冷めても1晩休ませるのがベスト。

  1. 生地を用意する際、折を見てオーブンに予熱を入れる(小さめなら早く熱が回るので、普段の感覚で良い段階で)。
    ボウルにバターを入れて湯煎にかけ溶かす。
    溶けたバターからごく少量を取って形の内側に薄く塗る(又は形にベーキングペーパーを敷く)。
    これにグラニュー糖と卵を入れてよく溶き混ぜてから、バニラエッセンスと牛乳も追加し混ぜる。
       

  2. バナナの皮をむき、縦4つに分けてから1センチ弱に刻んでボウルに加える。
    同じボウルにチョコレートチップも加え全体を混ぜる。

  3. ひよこ豆粉とベーキングパウダーを混ぜて、2のボウルにふるい入れてから混ぜる。
    ひよこ豆粉はダマになりやすいので、必ず「粉ふるい」を通して加えること。
    また、ふるった最後に粉末になりきれない豆の粒が残ったら、ケーキ生地には加えないように(残ったとしてもほんの少しな筈)。

  4. 余熱を入れておいたオーブン180度で焼く。
    焼き時間は器の熱伝導の良し悪し、ご利用のオーブン、生地の高さによって異なります。
    例えば普通の金属製パウンド型なら45分前後、家でよく使う陶器製グラタン皿20x20cmではおよそ30分。分前後、家でよく使う陶器製グラタン皿20x20cmではおよそ30分弱。
    焼け具合のチェックは普通のケーキ同様に、爪楊枝を挿してみて生っぽい生地がついて来なければOK。 焼けたバナナのかけらでなく生生地かどうかをよく確認しましょう。

    焼けたらオーブンから出して冷まし、すっかり冷めたらアルミホイルをかぶせて涼しい時期なら常温で、暑い時期なら他の匂いが付かないように包んで冷蔵庫で1晩寝かせて味と湿気を落ち着かせてから召し上がれ。

●すっかり冷まして食べることを前提にレシピを書いていますが、実は焼きたても結構美味しいです。 ただし切り分けにくいので、ほっこり温かいうちに食べる前提ならマフィンカップで焼くと良いかも。
●更にココナッツファイン大さじ2程度、ステップ1の卵を混ぜた後生地に加えても良いです。
●冒頭に書いたように写真の時はうっかりブラウンシュガーを交えましたが、チョコレートチップと合わせる場合は白いお砂糖を推奨します。 その方がチョコレート味が引き立つから。
でも、グラニュー糖7割、ブラウンシュガー(黒砂糖よりはマイルドなタイプね)3割位なら適度な素朴さが出て、それもまた好きな人は多いかと思います。
●「グラムフラワー」「ベスン粉」「ベサン粉」、名前が色々ありますが、いずれもヒヨコ豆の粉です。 グラムフラワーは英語、他2つはインドでの名称。 いずれも「炒らずに豆を粉にしたもの」です。 実はひよこ豆の粉には、炒ってから粉末にしたタイプも存在しますが、 私のサイトではもしも炒った豆の粉であれば必ずその旨明記しますので、単に「ひよこ豆粉(又はグラムフラワー)」とあれば炒らずに挽いた粉を示します。
●オーブンによっても変わるので、みなさんご存知で適宜対応されているかと思いますが、近頃とても増えたシリコン型を使う場合は、アルミやステンレス等の金属の形に比べて熱伝導が悪いので、焼き時間をやや長めに調整します。 











© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés