マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 2016年3月16日
チキンのハニーマスタードソテー

脂身が少なくややパサッとしがちな鶏胸肉に、ハチミツの甘さとマスタードの濃厚さを生かしたソースを加えた、しっとり仕上げのチキンのソテーです。
メインディッシュとして、お野菜、ライス、パスタ、シリアル、いずれを添えても合いますし、少し多めに作って余りは軽く温めて、或いは常温のまま一口大にカットしてサラダの上に盛り付けてまた別な一品として楽しむこともできます。


材料(2人分、正味量):
鶏むね肉:200〜250g
レモン汁:大さじ2
玉ねぎ:50〜80gほど
フレンチマスタード粒ありタイプ:大さじ山盛り1
ハチミツ:大さじ1弱
塩:少々
加熱調理用サラダ油:小さじ1程
※更に塩漬けレモンの皮少々を刻んで加えてもまた美味しいです。


<必要な道具(目安)> 小さ目のフライパン。
<賞味期限> 作りたてを正味。 保存は冷蔵庫で2、3日。
<手順> チキンをマリネ(30分から1時間)、玉ねぎを炒めチキンも炒める。

  1. チキンは大き目の笹の葉のように切り分けて、小さ目のグラタン皿などに入れ、レモン汁、ハチミツ、マスタードをよく絡めて30分〜1時間マリネする。

  2. 玉ねぎをスライスし、フライパンに油を熱し、まず玉ねぎを炒める。
    玉ねぎがしんなりして透き通る色合いになったら、マリネしておいたチキン、マリネ液もシリコンベラで集めてフライパンに加えて軽く塩をし、焦がさないようにチキンを炒めて火を入れる。
    ここでもしも、あまりに水分が足らず甘味のため「どうしても焦げてしまいそう!」という場合には、お水を極々少々加えると良いです。 ティースプーンに1〜3杯程度、控えめに。
    チキンに火が入ったら出来上がり。
    暖かいうちに召し上がれ。


●写真で添えているのは、引き割り麦のタブレとロケット(ルッコラ)です。
●塩漬けレモンの皮を入れる場合には、極細の千切りかみじん切り(あえて粗いみじん切りでも)にしてチキンの表面に火が入った頃に加えます。  レモンの酸味ではなくその独特のシャープな香りが強まって、塩レモン入りもまた美味しいですよ。











© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés