マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 2016年7月22日
生ズッキーニのサラダ Salade de courgettes crues

夏が旬のズッキーニは、早いと初夏6月から小ぶりのものが出回り、真夏にかけて次第に大きく直径4〜5センチのものが増えて行きます。
もぎたてフレッシュな小ぶりのものがあれば最高! 細い分、色濃い皮の比率が高くなって色合いも歯ごたえも良いからです。
丸いタイプもありますが、このサラダには細長い最も一般的なタイプを使うのがお勧め。
濃い緑、白味がかった淡い黄緑、イエロー、いずれも使えます。
カットして混ぜるだけなので、パパッと手早く作れるおかずです。

夏のお野菜なので、暑い時期でもサッパリ味わえるようレモンを効かせて、更に甘味を加えたもう一つのレシピも掲載しています(別ページ。 サラダのリスト参照)。

材料:4人分(正味量)
新鮮なズッキーニ:400g
イタリアンパセリ(葉が縮れないタイプ):5〜10本 好みに調整
レモン汁:大さじ2
オリーヴ油:大さじ1
塩:小さじ1/3
ヒマワリの種:大さじ1程

<必要な道具(目安)> 普通にお家にあるもの。
<賞味期限> 作りたてを正味。 保存は冷蔵庫で2日(ズッキーニから水が出ます)。
<手順> ズッキーニ、パセリを刻んで他全ての材料と混ぜるだけ。

  1. ズッキーニは上下、茎についていた部分とお尻の花が取れた後のカサブタのような部分を切り落としてから5ミリほどの薄切りにし、それを5ミリ幅に千切りにする。
    パセリは粗く刻む。
    ※ズッキーニの皮は柔らかいので剥きません。 小さな傷があれば、その部分だけ削ぎ落してから使います。

  2. ボウルに塩以外の調味料を入れ混ぜ合わせたら、残りの野菜と塩を加え混ぜる。
    塩とレモン汁については、はじめはやや控えめに。
    味を見て好みで塩、レモン汁を加えれば出来上がり。
    好みでコショウ少々を振っても、10分ほど置いて味を馴染ませてからサーブしても良いです。

●レモンの酸味が塩薄味を大分カバーしてくれるので、お塩は極力控えめにしておくと良いかと思います。
また、レモンの酸味はレモンそれぞれに違うので、少し控えめにしておいて好みで追加するようにしましょう。
(後から加熱調理するマリネ類はやや別ですが、サラダの類の塩や酸味については、好みに応じて追加できるので、この点はどのレシピでも同様です)
●ヒマワリの種の他に、もっと油分が強くお値段も上ですが、「松の実」も香り高く美味しいです。
その他、お好みとお手持ち次第で「ケシの実(ポピーシード)」、「ゴマ」、或いはズッキーニの親戚「カボチャの種(ナッツとして売っているもの)」でも、各々の香りと香ばしさが楽しめます。











© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés