マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le
remise en page le 13 mars 2012
キャベツのベーコン煮 Chou au lardon

写真は別途ご紹介している「ウサギ肉のマスタード煮」ですが、その付け合わせにしているのがキャベツのベーコン煮。
なにもウサギに限った事ではなく、ローストチキンと合わせてもOK。
作り方は至って簡単ですが、唯一のこだわりはサヴォイキャベツ又は縮緬キャベツと呼ばれる外側のグリーンが色濃くて縮緬という名の通り葉のデコボコが深い物を使っています(入手できなければ、ちょっと質感は異なりますが普通の日本のキャベツでも構いません)。
さっと炒めた下準備の段階で、別に表面だけ炒めた鶏もも肉を乗せて蒸し煮にして一品料理にしてしまう事もできる便利な炒め煮で、大きなキャベツを1つ買ってきても半分くらい1人で一度で食べきってしまえます。
ベーコンとキャベツってなかなか相性が良いんですよね。
フランスの田舎料理気分の一品です。

材料 : 2〜4人分
  • 縮緬キャベツ:500g
  • 厚切りベーコン:50〜100g
  • 塩:小さじ1/4
  • 野菜ブイヨンorコンソメ粉:小さじ半
  • オリーヴ油又はサラダ油:小さじ2
  • 水:100cc
  • コショウ:お好みで

<必要な道具(目安)>
・大きなフライパン
・あればニンニク潰し

<賞味期限>
出来立てを賞味

  1. キャベツは長さ5cm程度の短冊切りにする
    芯が太くて固い場合は取り除いても良い
    ベーコンは厚切りの場合は1cm×3cm程度に切る(量は付け合わせがお肉ならやや控えめにしても)

  2. 鍋にオリーヴ油を入れてやや弱めの中火にかけベーコンを炒める
    焦げない程度に炒まったらキャベツを加えてしんなりするまで炒める

  3. 2に水、コンソメ又は野菜のブイヨン粉と塩を加え全体を混ぜ、フタをしてキャベツが柔らかくなるまで煮れば出来上がり
    最後に味を見て、塩味が足りなければ塩を振り、好みでコショウを加え混ぜる
    暖かいうちに召し上がれ
※ベーコンはサラミソーセージや薫製風味のあるソーセージなどに変えても良いですし、味わいあるソーセージを炒めて脂を拭ってベーコンに変えて一緒に煮込んで一皿といった風なアレンジも楽しめます
※分量はお肉をメインとした付け合わせとして4人分にしていますが、メインのお肉が少なかったりこれをメインにしてお肉と共に煮込む場合には2人分程と見て下さい








© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés