マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le 24 juillet 2002
remise en page le 13 mars 2012
アボカドディップ“グァカモーレ” Guacamole

タコスの人気と共にディップとして大分知られるようになったアボカドのピュレです
独特のスパイスで風味付けして、メキシコ料理によく使われるコリアンダー(香菜、シラントロ、パックチーetc.各国様々な名称アリ)を散らしてあちらでは主要なソースの一つとしてとても親しまれています
小麦粉又はトウモロコシ粉ベースの大きなトルティーヤにお肉やお野菜と共に包んでお食事にしても良いですし、最も手軽なところではトルティヤチップス(写真中央)に付けても美味
辛味は赤又は青唐辛子(パラペーニョ)の量や種類で調整出来ますし、粉末の唐辛子を使っても充分楽しめます

材料 :
  • よく熟したアヴォカド:1個
  • ライム又はレモン汁:大さじ1半
  • 刻み玉ねぎかエシャロット:大さじ山1
  • クミンパウダー:小さじ1/3
  • 青又は赤唐辛子など:1本
  • ニンニク:1片
  • 塩:小さじ1/4
  • 好みでコリアンダー生葉:適宜
  1. ニンニクが好きな方はすり下ろし、ほのかに香り付するだけで充分という方は刻んで、ライム汁と合わせて少し置いてから茶こしなどを通してライム汁だけをボウルに移す
    唐辛子は種を取り除き、輪切り又は細かく刻んでボウルに加える

  2. 1に細かく刻んだ玉ねぎ又はエシャロット(サッパリと仕上がるので我が家では後者を利用)大さじ山盛り1杯、クミンパウダー、塩、を加え混ぜる

  3. アボカドを2つ割りにして中をスプーンなどでかき出すか、皮を剥いてボウルに加える
    フォークを利用して、荒く潰しながら全体を混ぜ合わせる
    小鉢などに盛って、好みでコリアンダーの生の葉と適当に千切るか刻んで散らす
    ※チップスに添えるディップの場合は細かく潰し、トルティーヤに包む場合は粗めに潰すなど、好みで潰し加減を調整して下さい
※アボカドは空気に触れて時間が経つと黒ずんできます
作り置きせず食べる直前に用意するのが一番、でも必ずしもそうもいかないという際は、他の材料を混ぜるところまで準備し、食卓へ出す直前にアボカドを加えます
2つに切ったアボカドを保存する場合、種が残った方を残しておくと変色を遅らせる効果があります。
いずれにせよ数日も保存できるものではありませんが(切ったら冷蔵庫へ)、その応用でこのソースにも一旦取り出した種をソースの中に埋めてピッチリとラップをしておくと変色を防げるという説もあります
※メキシコ料理にはレモンよりもライムを多用します
あれば勿論ライムの方が良いのですが、無ければレモン汁でも大丈夫
※熟したアボカドを買うのは難しいので固めを買う事になると思いますが、リンゴと一緒に袋に入れておくと熟成が少し早まります
下膨れの上部を軽く指で押して柔らかければ食べ頃
押してもビクともしなければまだ数日置いた方が良く、逆にベコベコと皮が割れる程に柔らかいものは傷んでいる可能性大、買い置きして忘れてしまわないように気を付けて(常温保存で良いです)。







© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés