マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne en 1998
remise en page le 13 mars 2012
イカ墨のスパゲッティ Pates à la sauce d'encre de seiche

昔、こういう食べ物があるとは知らなかった頃、都内のとあるレストランの前で私は釘付けになりました。
そこには、何か真っ黒いものに染められたスパゲッティをせっせと口に運ぶカップルの姿が。
まだそんなオトナの店に入るにはまだまだ未熟だった頃のこと。
そからかなり後にやってきた“イタ飯”ブームのお陰で、長年の黒いソースの謎が解けました。
いつしか自分でも作るようになって。
今ではすっかり定番メニューの一つです。

お食後には鏡でお口周りのチェックをお忘れなく!
お歯黒のまま外出しないようにね。 。

材料 : 2人分
  • スパゲッティ:200g
  • 市販のイカ墨ペースト:大さじ3
  • 玉ねぎ:100g
  • ニンニク:2片
  • 生イカの身(冷凍でもOK):100g
  • オリーブ油:大さじ2
  • 塩:小さじ1/4
  • コショウ:少々

    以下お好みで
  • 赤唐辛子(鷹の爪):半本
  • 白ワイン:少々
  • ミントの葉:4〜5枚

  1. 玉ねぎはみじん切り、ニンニクは縦二つ割してスライスし、オリーブ油とともにフライパンで透き通るまで炒める
    ここでピリリとしたのが好きな方は鷹の爪を刻んで加えます
    イカは食べやすい大きさに切り、玉ねぎを炒め終えたところでイカ墨ペーストと塩、胡椒とともに加える

  2. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩を加えてスパゲッティを好みの固さに茹でる
    スパゲッティの太さはいろいろあり、どちらかというと太めの方がこのソースには合うようですが、お好みのものを選んで下さい

  3. 1のソースでイカに火が通ればソースは完了
    イカ墨の質によってはもったりしすぎるので、好みで白ワイン少々加えてのばして下さい

  4. 程良く好みの固さにスパゲッティが茹であがったらザルにとって湯をきり、フライパンに全てあけてソースを全体に絡める
    熱々のうちに器に盛って、刻んだミントの葉(お好みで)を散らして召し上がれ
※ミントの葉を加えると、エキゾチックな風味が出ます
これは全く好きずきなので、試してみる際はほんの少しにしてみましょう
さもなくばバジルの葉が合いますよ。
※玉ねぎは甘みが出るので、これもお好みで調節してみて下さい
※イカの他、ホタテやアサリでも美味しい出汁がでますが、イカ墨の香りが強いので、シーフードミックスやエビは香りが負けてしまうためあまりお薦めできません
※イカ墨ペーストは小さなビニールパックや缶詰などになって、最近ではちょっと品揃えの良いスーパー等にあります
缶詰は量が多くて困るという方は、小分けにして冷凍しておきましょう
アイスキューブ状にして一回分ずつ袋に入れておくのも使い勝手が良いですよ
使うときは玉ねぎを炒め終える頃、熱々のフライパンを弱火にしてキューブを転がせば解凍できます








© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés