マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne en 1998
remise en page le 13 mars 2012
イカ墨のリゾット Risotto à l'encre de seiche

先日使ったイカ墨がたっぷりと冷蔵庫に残っています
そこで今日はリゾットにしました

よく、リゾットやパエーリャを作るときにはお米は洗わないと説明されますが、どうも日本の感覚では受け入れるのが難しいもの
水を含ませないように一旦手早く洗ってザルに取り、30分程置いて水気を切ってから調理します
その他にも、あらかじめ下処理をした加熱時間10〜15分というようなお米を利用するのも便利です
勿論、その場合には調理時間を調節します

材料 : 4人分
  • 米:1cup
  • 市販のイカ墨ペースト:大さじ3
  • 玉ねぎ:100g
  • ニンニク:2片
  • 白ワイン:50cc
  • 水:2cup
  • オリーブ油:大さじ2
  • コンソメの素:小さじ1
  • 塩:小さじ1/3
  • コショウ:少々
    以下お好みで
  • 赤唐辛子(鷹の爪):半本
  • ミントの葉:4〜5枚
  1. 米は軽く洗い、ザルにとって水気を切っておく
    深めのフライパンを用意する
    玉ねぎはみじん切り、ニンニクは縦二つ割してスライスし、オリーブ油とともにフライパンで透き通るまで炒める

  2. 1のフライパンに米を入れ、軽く炒める
    そこにイカ墨ペーストとコンソメの素、白ワイン、塩、胡椒、水を加えてフタをする

  3. 弱火にかけ、焦げ付かないように時々全体を箸で混ぜながらクツクツと20〜25分煮る
    お皿に盛り分けてから、好みで刻んだミントの葉や一味唐辛子をかける
※ミントの葉を加えると、エキゾチックな風味が出ます
これは全く好きずきなので、ほんの少しのせて試してみて
※玉ねぎは甘みが出るので、これもお好みで調節してみて下さい
※出来上がりの米の固さはお好みですが、スパゲッティのアルデンテの様にかろうじて芯がのこるかどうかというくらいが一番お米もしっかりしていて美味しいようです
米はイタリア産があればそれがベスト。
こちらにご紹介したのは日本米の分量ですが、水加減は米によって多少の違いがでるので、初めは2カップ位から煮ていき、足りなそうなら途中でお湯をさして調節しましょう
魚貝類を入れても美味しいけれど、あまり煮込むと固くなります。
ドライトマトを水でもどして刻んで加えて一緒に煮込むと、トマトの酸味でイカ墨のくどさが中和されます
サッパリしたのがお好みの方、ぜひお試し下さい
夏場には、刻んだフレッシュトマトを添えて、一緒に食べるのも美味しいですよ。







© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés