マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le 25 avril 2001
remise en page le 13 mars 2012
カルボナード・フラマンド Carbonade Flamande

冬のみならず時々無性に食べたくなる“ビールの国”ならではの牛肉のビール煮込み「Carbonade Flamande」、ベルギー料理です

じっくり煮込んだ味わい深いシチューのようなこのお料理、レストランやビストロではたっぷりのフライドポテトを添えて出てきます
ビールの種類はいろいろありますが、このお料理にはブロンド・ビールを
特有のほろ苦みとコク、とろみ付けに小麦粉を使わないのもちょっと変わった点かもしれません
シンプルな素材が合わさった独特の味わいをお楽しみ下さい

材料 : 4人分
  • 牛肉:800g
  • 玉ねぎ:300g
  • パン粉:80g
  • カソナード(茶色の砂糖):大さじ1
  • ディジョンマスタード:大さじ1
  • 白ワインヴィネガー:大さじ1
  • 塩:小さじ1半
  • ブロンドビール:半リットル
  • バター:50g
  • コショウ:小さじ1/6
  • タイム/ローズマリー:各1つまみ
  • ローリエの葉:1枚

<必要な道具(目安)>
・大きなフライパン
・あればニンニク潰し

<賞味期限>
出来立てを賞味

  1. バターは3等分しておく
    牛肉は5ミリ程度の薄切り、玉ネギは輪切りにする

  2. 中火にかけた鍋にバターの1/3を熱し、牛肉を表面のみソテーして器によけておく
    同じ鍋に1/3のバターと玉ネギを入れてややしんなりするまで炒め、残りのバターとカソナード(砂糖)を加えて更に1〜2分薄く色づくまで炒めて酢とマスタードを加え混ぜ、火を止める

  3. 煮込み用の大きめの鍋に2の玉ネギと炒めてからよけておいた肉を交互に2〜3段に重ね入れ、塩・コショウ、ハーブ、パン粉を加えてビールを注ぎ、フタをして極々弱火で約2時間煮込む
    時々かき混ぜて焦げ付かないように注意します
    全体の味が馴染み、お肉が柔らかくなれば出来上がり
    ローリエの葉は取り除いておきます
<賞味期限>
冷蔵庫で4日。温め直しても美味しいです。

※牛肉はどの部分でもかまいません
ただし、極端に筋っぽくなく、脂身の少ないものを用意します
※ビールの銘柄までは指定しません
スーパードライでもバドワイザーでも、お手持ちのものをご利用下さい
ただしギネス等色・味共に濃いものや、淡泊な白ビールはあまり向きません
※砂糖は、カソナードが無ければブラウンシュガー、いずれも無ければ黒砂糖、グラニュー糖でも良いです
※3まで作ってから1晩寝かせると、味が馴染んでお肉も柔らかく更に美味しくなります
出来れば前日作って、食べる前に温める事をお勧めします
付け合わせには本場風にフライドポテト、又は茹でてオリーヴオイル又はバターをからめたパスタ、茹でじゃが芋等が合います
また、カレー同様冷凍保存が可能です


 (ベルギーの)ブロンドビール(Bieres Blondes)

頂いたご意見
●2004/6月 Aiさん(ゲストブックにて)
ビール煮作りました。ビールのせいか、すぐ柔らかくなりました。パン粉もやさしい味でよかったです。(お肉もちょっと良い物を使ってみました。)







© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés