マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne en 1998
remise en page le 13 mars 2012
海老チリイタリアン Crevette à la sauce piquante

先日、ご近所さんから冷凍海老をたっぷり1キロお土産に頂きました
いつもの海老チリはちょうど数日前に食べたところだし と考えつつ、国籍を変えて変化をつけてみることにしました
中華風のショウガに変えて、ヨーロッパのハーブで香り付けをして、カイエンヌ・ペッパーでピリリとアクセントを効かせています
このままご飯のおかずにも、一緒に盛りつけた洋風海老チリ丼もお薦めです また、パスタソースにも最適です

材料 : 4人分
  • むきエビ:300g
  • 玉ネギ:50g
  • マッシュルーム:100g
  • トマト水煮缶:1缶
  • ニンニク:2片
  • 片栗粉:大さじ2
  • オリーヴ油:大さじ3
  • 塩:小さじ半
  • コショウ:少々
  • パセリ:大さじ1
  • カイエンヌ・ペッパー:小さじ1
  • オレガノ:小さじ1
  • ローリエ(ベイリーフ):1枚

<必要な道具(目安)>
・大きなフライパン

<賞味期限>
出来立てを賞味

  1. 玉ネギ、ニンニク、パセリはみじん切り、マッシュルームは石づきを取って茎は輪切り、傘部分は縦にスライスする
    海老は水気を軽く切って片栗粉をまんべんなくまぶしておく
    フライパンにニンニクとオリーヴ油を入れて弱火で熱し、充分香りが出たら強火にし 海老を入れて表面のみをサッと炒め(全体の色がピンクがかってくればOK)、器に取りよけておく

  2. 1の空になったフライパンで玉ネギを良く炒め、マッシュルームとパセリを加えて軽く塩をして炒める
    そこに、缶詰のトマトを刻むか手で細かくほぐして加え、残りの塩、コショウ、ハーブを入れて中火で約10分煮込む

  3. 2のトマトソースが程良く煮詰まったら1でよけておいた海老を加え、弱火で3〜5分煮る
    あまり長時間煮込むと海老が固くなるので、火が通れば出来上がりです
    ローリエの葉は丸のまま使用するので、食卓へサーブする前に取り除きましょう
※カイエンヌ・ペッパーは辛みの強い唐辛子です
日本の一味唐辛子や鷹の爪、韓国産等で代用できるので、お好みで辛さを調節しましょう
※パセリにはヴィタミンCが豊富です
我が家はもっぱらイタリアンパセリですが、日本パセリも同様な使い道ができます
たっぷりとお使い下さい
※分量欄の他にも、タイム、ローズマリーなどトマトに合うハーブを加えるのも良いでしょう
ハーブ類はあくまでも目安ですので、こだわらずにお好きなものをお使い下さい。


 赤白ワイン、Bordeaux Saint Veran, Sancerre, Pouilly, Cotes du Rhone, Bandol (Provence)。 その他、好みでキリッと冷やした辛口の冷酒でも合いそう






© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés