マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le 25 juin 2003
remise en page le 15 mars 2012
ガスパチョ Gazpacho

「ガスパチョ:Gazpacho」と言うと日本では冷たいスープの総称のように使われることもあるらしいのですが、語源はイスラム語で「びしょ濡れのパン」という意味だそうです。
こちらにご紹介するガスパチョは、その名に従ってパンが入った冷製スープで、日数が経って固くなったバゲットが最適です。
作り方は至って簡単  材料をミキサーにかけて冷やすのみ。
しかし、それだけに素材が肝心。 お野菜は極力よく熟したものを用い、オリーヴ油は必ず質の良いエクストラヴァージンを使いましょう。
スペイン アンダルシア地方の熱い太陽の元、緑黄色野菜の彩りはさぞかし美しく映えることでしょう。
お好み次第のトッピングには、クルトンを添えても構いません。 作り方は「パンが余ったら」のカテゴリにあります。

材料 : 4人分
    <スープ用>
  • フレッシュトマト(2個):300g
  • キュウリ(1本):100g
  • 赤パプリカ(1個):100g
  • バゲット(フランスパン):40g
  • 水:200cc
  • 氷:200g
  • 塩:小さじ1/4

  • オリーヴ油:大さじ2
  • 白ワインヴィネガー:大さじ1
  • ガーリックパウダー:少々
     なければニンニク1片分のおろし汁
  • コショウ:少々
  • パプリカパウダー:小さじ半

    <トッピング用(1例)>
  • 玉ネギ:50g
  • 赤パプリカ:50g
  • ピーマン(緑1個):50g
  • 刻みパセリ:適量
  1. バゲットが新しい場合は、横にカットしてトースターで焦げ色が付かない程度に焼いて冷ましておく
    乾燥して固くなった(残り物の)バゲットはナイフで1センチ角に刻んでおく
    トマトはお湯に浸けるか火にかざして皮をむいて刻み、キュウリ、赤ピーマンは2センチ角ほどに刻んでミキサーに入れる
    生のガーリックを使用する場合はすり下ろして汁のみを加える
    水100ccと氷、塩、コショウを加えて全体をピュレ状にする

  2. 1にオリーブ油、ワインヴィネガー、パプリカパウダーを加えてもう一度ミキサーのスイッチを入れ、全体に均一になったら 刻んだバゲットと残りの水100ccを加えてパンが細かくなるまでミキサーにかける

  3. ピュレ状になったスープを冷蔵庫で3〜40冷やす(野菜から水が出るので寝かせて味を均一にします)
    この間にトッピングの準備をします
    パセリはみじん切り、その他は5ミリ程のサイコロ型に切る
    玉ネギは切ってから冷水に10分ほど浸して辛みを抜いておく

  4. トッピングの材料は別皿に色好く盛りつけ、良く冷えたスープを人数分のスープ皿またはカップに注ぎ、好みのトッピングを散らして召し上がれ
※赤パプリカとは、肉厚の西洋ピーマンのことです
ピーマン独特の青臭さが少なく、甘味が強いので苦手な方にも食べやすい味でしょう
色は赤、黄、緑、紫、白などヴァラエティーに富んでいますが ここではトマトに揃えて鮮やかな赤を使います
※白ワインヴィネガーは普通のお酢でも代用できます
日本のお酢はツンとした香りが強めなので、やや少なめにすると良いでしょう
※トッピングは何でもお好きなものを
上記の他 キュウリや固ゆで卵、サイコロ状にカットしたバゲットをガーリックバターで炒めたクルトンを散らしても美味しいですよ

頂いたご意見
●2004/8月 ミミさん(ゲストブックにて)
数日前、余ったバゲットをどうしようと思っていたところ、トマトさんのページでそういったコーナーがあったなあと思い出し、まず、「ガスパッチョ」を作ってみました。作るのも食べるのも生まれて初めてだったけど、とーーーってもおいしくて、今日もまた作ってしまいました。今回は冷蔵庫に残っていたセロリと玉ねぎも入れてみたけど、これまた美味でした。








© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés