マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le
remise en page le 13 mars 2012
クスクス入り田舎パン Pain au couscous

パスタの原料となる小麦を使ったセモリナブレッドというものがあります
世界最小のパスタとも言われるクスクスも同じ小麦から作られることから思いついたのがこちら
お砂糖でまろやかさをプラス、全粒粉も加えて小麦の味がしっかり感じられる味になりました
ラタトゥイユやカレー等の煮込み料理の脇役としてスープを含ませたり、チーズ、ハムを乗せて味わうなど、菓子パンとは違い、しっとりした存在感あるパンをお試し下さい

材料 :
  • 全粒粉:100g
  • 強力粉:150g
  • 細粒クスクス(ドライ):100g
  • 熱湯(クスクス用):150cc
  • 塩:小さじ半
  • 砂糖:小さじ2
  • インスタントドライイースト:大さじ2
  • オリーヴ油:大さじ2
  • ぬるま湯(パン生地用):170cc
  • 打ち粉用強力粉:少々

  1. クスクスの下準備
    ボウルにクスクスと150ccの熱湯を入れて手早くかき混ぜ、フタをして5分間蒸らす

  2. クスクスの下準備が出来たら、別のボウルに全粒粉と強力粉をふるい入れ、そこにオリーヴ油、塩、砂糖、イースト、蒸らして柔らかくなったクスクスとぬるま湯を140ccほど注ぎ、全体をゴムべらなどでよくかき混ぜる
    水分が足りないようならば、残ったぬるま湯を少量ずつ加えて調節する
    ※ぬるま湯を一気に全量入れないように注意して下さい
    生地ははじめはベトつきますが、こねているうちにまとまってきます

  3. 2の生地がまとまってきたら直に手でこね始める
    ボウルが小さければ清潔なまな板に移し、台にに打ちつけたり押しつけたり体重を乗せて約10分、しっかりとこねる

  4. 3の生地を50分〜1時間、発酵させる
    (生地のサイズが約2倍なります)

    ここでオーブンを200度に温めておく
    発酵が済んだ生地を、含んだ空気を抜くように軽くこねる(ガス抜き)
    ややしっとりしているので、生地が手に付くようであれば軽く粉を付けて(打ち粉をして)丸く形成し、鉄板に乗せて表面に2〜3本包丁で深さ1センチ弱の切り込みを入れる
    温めたオーブンで30〜40分、キツネ色の焼き色が付くまで焼く
※発酵について
我が家ではパンの発酵に欠かせないのが、発砲スチロールの箱です
フタが付いて密閉できるものに、人肌より少々高めの温度のお湯を張り、そこへパン生地を入れてフタをしたタッパーを沈めています
熱を逃がしにくいので一度お湯を入れれば1時間は暖かく、発酵に程良い温度を保ってくれます
パン生地を入れる器は、2倍に膨らんでも破裂しないサイズを選ぶことをお忘れ無く

頂いたご意見
●2004/12月 そらさん(ゲストブックにて)
いつもこちらを覗く度に美味しそうで作ってみたいレシピが満載だったのですが時間がなくて断念しておりました。昨日の夜中にふと思い立って作ってみたクスクス入り田舎パンがものすごく美味しかったのでちょっとお礼を!
非常に失敗のない簡単なレシピなのに、クスクスの甘みの生きた素朴な味がするパンが焼きあがってビックリしました。これは当分我が家の食卓に上りそうな気がします(笑)









© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés