マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le 10 septembre 2004
remise en page le 13 mars 2012
キノアのチキンピラフ Pilaf de Quinoa au poulet

アカザ科の、小さな小さな種のキノア。 茹で加減が控えめだとプチプチとした食感で、どこか、畑のキャヴィアなどと昔ちょっと注目を浴びたことがあるホウキ草の種に似た印象です。
サラダなど他のレシピもありますが、今回はピラフに。
パエリアのようにフライパンで作りますが(お鍋でも構いません)、お米に比べて火の通りが遙かに早いのがとにかく利点。
お米よりもやや味がボケがちなので、カレー粉で少し引き締めています。
ヴェジタリアン向けには、チキンをマッシュルームに置き換えると良いですよ。

材料 : 4人分
  • キノア:300g
  • 塩:小さじ半
  • カレー粉:小さじ半
  • 鶏フィレ肉:200g
  • 赤ピーマン(パプリカ):50g
  • ズッキーニ:100g
  • 玉葱:50g
  • コンソメ等ブイヨン粉:小さじ半
  • 水:550cc
  • みじん切りパセリ:適宜
  • オリーヴ油かサラダ油:大さじ1程
  • 好みでガーリック:1片

<必要な道具(目安)>
・目の細かいザル
・フタ付フライパン
 又は鍋

<賞味期限>冷蔵庫で2〜3日
  1. キノアを、お米を洗う要領で洗ってザルに取り、しっかりと水気を切る
    ニンニク、玉葱、ピーマン、ズッキーニはそれぞれみじん切りにし、オリーヴ油半量と共にまとめて、大きなフライパン又は圧底鍋でしんなりするまで焦がさないようによく炒める

  2. 残りのオリーヴ油とキノアを加え、2分程焦がさないように炒めた後、水、ブイヨン粉、カレー粉、塩、好みでコショウを加え混ぜた後、フタをして中火弱で約10分蒸す

  3. キノアがふっくらとして、1粒の中心に芯がみられず完全に柔らかくなったのを確認すれば出来上がり
    味をみて、必要ならば塩を追加し、好みで熱いうちに刻みパセリを混ぜるか、サーヴする際にあしらう
※カレー粉は、市販のミックスで構いません(美味しければね)。 もしくは、クスクス用ミックスやガラムマサラ、その他、香りの良いミックススパイスでも良いです。
何も無ければ、これも好み次第ですが、クミンやコリアンダーの種やパプリカ(甘唐辛子)パウダーなどを適当にミックスして使っても良いです。








© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés