マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne 1998
remise en page le 15 mars 2012
イカワタのホイル焼き Papilotte d'encornet

お刺身用のイカが手に入った時、必ず作る品です。
使うのは、ワタの大きいスルメイカ。
身はイカ刺、げそ(足)はワタと併せてホイルで蒸し焼きにします。

カニ味噌に似た味は、日本酒のおつまみにもピッタリ。
もちろんご飯のおかずにもなります。

材料 :
  • するめイカ:1ハイ
  • 味噌:大さじ1,5


  1. 1パイのイカの場合は、足を持ってワタごと身から引き抜く(ここでは足からワタまでを使います)
    ワタを足から外し、傷つけない様に余計な臓物と墨を取り除く
    くちばしと目を取り除き、足(げそ)と共に2センチ程に切る

  2. アルミホイルを広げ、中央に刻んだ足とその他の身を5×10センチ程に広げる
    その上にワタを置き、味噌を真珠大に分けて全体に散らす
    ホイルの向き合った端をつまんで2〜3回折り曲げ、蒸し焼きに出来る様にしっかり包む

  3. トースターで15分程ワタに火が通るまで焼く
    焼き上がったらワタと味噌が溶ける様にしっかりと混ぜれば出来上がり
※ヤリイカやモンゴイカ等に比べるとワタが大きいため、スルメイカで作ります
※焼き上がってホイルを開く時は、熱した蒸気での火傷に注意しましょう
一旦ほんの少し開いて、最初の蒸気が出てから、そっと開くと良いですよ。
※味噌の量の割に塩分が強いので、いくら美味しくても食べ過ぎると後でノドが渇きます ご注意あれ









© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés