マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne 1998
remise en page le 15 mars 2012
手羽の肉詰め揚げ

中華料理でしたでしょうか、手羽元に挽き肉を詰めて揚げる品がありますね
手羽にはお肌に艶とハリを持たせるコラーゲンが豊富に含まれています
ハーブを加えてエスニック風味、酸味を効かせたニョクマムのタレをたっぷり含ませると、とってもジューシィで美味しいですよ 。

材料 : 6個分
  • 手羽元:6個
  • 豚挽き肉(合挽きでもOK:50g
  • キャベツ:50g
  • 木くらげ:5g
  • ゴマ油:2滴
  • 塩:1つまみ
  • ミントの葉:4〜5枚
  • ドクダミの葉:1枚
    (またはパクチー、コリアンダーの葉)
  • コリアンダー種粉:小さじ1/4
  • 揚げ油:適宜

    <タレの分量>
  • ナンプラー:大さじ1
  • レモン汁:大さじ1
  • 一味唐辛子:小さじ1/4

  1. 木くらげはぬるま湯に浸してもどしてからみじん切り
    キャベツ、ミント、ドクダミはみじん切りにする
    ボウルに挽き肉と上記の材料、コリアンダーパウダー、ゴマ油、塩を入れ、全体に粘り気が出るまで良く練る
    清潔なビニール袋を手袋状にして揉むと、手に匂いが付かずに下処理ができます

  2. 手羽を水洗いして水気を切り、太い部分に指を入れて2本の骨を抜いて袋状にする
    はじめに、両手の親指を添えて関節部分をポキッと折っておくと外しやすくなります
    骨に付いて取れた肉は刻んで1のボウルに加えましょう

  3. 1のタネを6等分し、2の手羽元に詰める
    パンパンに詰めてしまうと、揚げる時にかさが増えて油を汚すので、挽き肉を詰めて無理をせずに袋の口が閉じる位までにしましょう

  4. 揚げ油を熱し、皮の部分が上になるようにそっと落とし、膨らんできたら時々転がしながらまんべんなく濃いめのキツネ色になるまでじっくりと揚げる
    タレの材料3種類全ては混ぜるだけでOK
    たっぷりと含ませてお召し上がり下さい
※ドクダミの葉はヴェトナムではサラダにも使います
香りはコリアンダーの生葉(パクチー、シャンツァイ、香菜)に似ているので代用しています
どちらをお使い頂いても結構です
パウダーは種の粉末で、生葉とは香りが全く違います
※中に詰める具は、各ご家庭オリジナルの餃子の具でも美味しいでしょう
この分量にこだわらず、お好みの具でアレンジをお楽しみ下さい
ただし、くれぐれも詰めすぎには気を付けて下さいね









© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés