マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne 1998
remise en page le 15 mars 2012
鯛のフィリピン風カレー

本場の料理とは言えませんが、このカレーの元になったのは、ココナッツミルクを使ったフィリピンのサラダ。
お魚をグリルする他は全て、電子レンジのみで調理ができます。
熱々のご飯にかけるのはもちろん、鯛を入れずに塩味をしっかり付けて、グリルした魚(タイ、スズキ、カジキマグロ等)にかけても美味しいソースになります。
お鍋での調理もできますので、グリルやレンジが無くても大丈夫。。

材料 : 2人分
  • 鯛切り身(あれば皮付き):150g
  • 玉ネギ:70g
  • ピーマン:2個
  • セロリ:30g
  • トマト:150g
  • ココナッツミルク:200cc
  • 塩1:小さじ1/3
  • 塩2:小さじ1/2
  • コショウ:少々
  • カイエンヌ・ペッパー:小さじ2〜
     なければ粉末唐辛子
  • フェンネルの葉(お好み):少々

    お鍋で調理する場合
  • サラダオイル:小さじ1

  1. ※グリルする場合
    タイ(鯛)の切り身に塩1を両面まんべんなく振りかけ、グリルで表面を香ばしくこんがり焼く
    皮付きの場合は皮を上にして焼く
    ※グリルしない場合
    生の鯛を一口大(2〜3センチ角)に切り、塩1を全体にまぶしておく

  2. 魚を焼く間に野菜を切る
    ピーマンは半分に切って種とヘタを取り除く
    セロリは繊維に横切るように、玉ねぎは縦に、全てごく薄くスライスする
    大きめで深さのある耐熱容器(レンジにかけられるもの)に野菜を入れ、しんなりするまで2〜3分レンジにかける

  3. 2の器に焼いた鯛(または塩した鯛)とココナッツミルク、塩2、コショウ、カイエンヌ・ペッパーを加えてよく混ぜ、沸騰するまでレンジで熱する
    ※魚を焼かずに加えた時は、魚が煮えるまで加熱する

  4. トマトを1センチ角に切り、3の器に加え、さらに1〜2分加熱する
    最後に塩味をみて、足りない様ならここで加えて全体を混ぜる

    熱々のご飯にかけて、お好みでフェンネルの葉を散らす
※電子レンジではなく鍋で調理する場合は、サラダオイルを温めて野菜を炒めます
その他はレンジの場合と同じ手順です
※魚は鯛の他、スズキなど他の白身魚でも使えます
はじめにグリルするのは、とりわけ皮付きの場合、表面をあぶっておくと香ばしく仕上がり、魚臭さが気にならなくなります
もっとも、白身の魚は生臭みがもともと少ないので、手間を省いてそのまま加えて加熱しても十分美味しくできます
※辛さは、カイエンヌ・ペッパーの量で調節して下さい









© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés