マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne 1999
remise en page le 16 mars 2012
生チョコレート“パヴェ・ドゥ・ショコラ” Pave de chocolat

「パヴェ」とは、フランス語で「石だたみ」のこと
このレシピを初めて公開して以降早数年、いつしかネット上にも生チョコレートのレシピが溢れて、すっかり珍しさがなくなってしまったのですが・・
私の好みはオレンジリキュール入り、ショコラとオレンジの相性が抜群です。
お酒は他にも、キルシュやコーヒーリキュール(カルーアなど)、ラム、ちょっとビターな香りのウィスキーなどでもお好み次第。
チョコレートは、カカオバターを使った正しいチョコレートであれば、どんな銘柄でも構いませんが、ナッツやクリームを包み込んだタイプは固まりが悪いので避けてください。

材料 :
  • ブラックチョコレート:100g
  • ミルクチョコレート:150g
  • バター:50g
  • 生クリーム:100cc
  • 蜂蜜または水飴:大さじ1
  • 洋酒:大さじ1
  • ココアパウダー(無糖):大さじ5

  1. チョコレートは全て刻む
    ボウルに、チョコレートと室温に戻したバター、蜂蜜を入れ、軽く混ぜ合わせておく

  2. 生クリームを火にかけ、沸騰直前まで暖まったら1のボウルにあけ、洋酒を加えて全体を静かに混ぜ合わせる
    この際、チョコレートが溶けきらない様なら、ボウルごと湯せんにかけて 暖めながら滑らかになるように溶かす

  3. 四角い器にラップを敷き、茶こしなどを使ってココアパウダーを底と側面にまんべんなく振りかける
    そこへ2の生地を流し込み、冷蔵庫で1時間ほど冷やし固める

  4. 3が固まったら、器から取り出しラップをはがし、全体にココアを振りかける

  5. 薄刃の包丁で、好みのサイズに切り込みを入れる
    この際、一度包丁を入れるごとに切り口にココアを振りかけ、くっつき合わないように注意
    包丁にこびりつくチョコは、こまめに拭き取りながら根気よくカットしていきましょう
※この他に、プラリネ・ペーストを少々、チョコレートに変えて加えることで、より柔らかな口当たりを出すことができます
マロン・ペーストも良いかも
※ホワイトチョコレートを使用する場合は、ココアを粉砂糖や抹茶&粉砂糖などに変えると良いでしょう
ただし、ホワイトチョコは実はチョコレートであってチョコレートではないため扱いが難しく、チョコ200g、生クリーム大さじ2、バ ター無しの分量で確認済みですが、物によっては「間違いなく失敗に終わる」材料もあるので要注意!
※蜂蜜を、メイプルシロップに変えて作ってみましたが、全く香らなかったので、これはおすすめしません
※バレンタインデーの予行練習に、早いうちから取り組むのも良いでしょうね。
ただし、病みつき になって、当日は目も当てられないおデブちゃんになってしまわないように気をつけて
生クリームを使用するので、必ず冷蔵庫(扉部分が最適)に保存し、4〜5日を目途に食べきるようにしましょう

チョコレート“トリュフ”のレシピもあります









© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés