マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne en 1998
remise en page le 13 mars 2012
パスタ入りロールキャベツ Chou farci aux petites pates

日本ではおなじみのロールキャベツ
この類の煮込み料理には、野菜で肉を巻くものと肉で野菜を巻くものと様々あります

米を混ぜるロールキャベツはこれまでにもよく作っていましたが、使い道案のリクエストが届いた、「お米型パスタ“セーメチコリア”」を使ってみました
メロンの種のようなお米のような、粒状のパスタで、お米よりも味を含むのも煮えるのも早くて重宝しています
香りの野菜をふんだんに使って、スープも楽しめるように仕上げました

材料 : 2人分(4個)
  • セメチコリア(パスタ):100g
  • ひき肉(牛豚合挽):100g
  • 玉ねぎ:100g
  • ニンニク:2片
  • ドライトマト:2枚
  • キャベツ:4枚
  • イタリアンパセリ:4枝
    (日本のパセリでもOK)
  • オレガノ、タイム:各ひとつまみ
  • オリーブ油:大さじ2
  • 塩:小さじ1/4
  • コショウ:少々

    <スープの材料>
  • 水:500cc
  • コンソメの素:小さじ1
  • ローリエ:1枚
  • 塩:小さじ1/4
  • コショウ:少々

<必要な道具(目安)>
・大きなフライパン
・あればニンニク潰し

<賞味期限>
出来立てを賞味

  1. キャベツは葉の付け根に包丁を入れて丁寧に4枚はがす
    葉の芯の部分は外側からそいで薄くしておく。 あまりに厚い場合は3センチほど切り取る
    パセリは茎と葉を分けておく

    湯(分量外)を沸かし、キャベツとパセリの茎がしんなりするまで茹でる

  2. ニンニクは縦4つ割してスライス、玉ねぎとドライトマトはみじん切りにし、オリーブオイルでよく炒める
    この間、鍋にスープ用の水を入れて火にかけておく(鍋は直径20センチ程のものがお薦めです)

  3. ボウルにパスタとひき肉、2の炒めた材料を入れ、塩、コショウ、タイム、オレガノを加えてよく混ぜる
    これを4等分して1で茹でたキャベツの葉でそれぞれ包み、同じく1で柔らかくしたパセリの葉で結ぶ
    パスタは火が通ると膨らむので、キャベツで巻くときは少しゆるく巻いておくと良いでしょう

  4. 沸騰したスープ用の湯に、パセリの葉3枝分を入れ、コンソメ、塩コショウ、ローリエを加えて混ぜ、3でできたロールキャベツ4個をそっと並べてフタをし、15分程弱火で煮込む

    2人分のスープ皿にロールキャベツを取り分け、ローリエとパセリを取り除いたスープを注ぎ、飾り用に残したパセリの葉を飾る(パセリはお好みで刻んでも良い)
※キャベツの煮込みには、本場ドイツ風にキャラウェイやクミンの種(ハーブ)を加えてもひと味違った美味しさ
ハーブ類はお好みでいろいろ変えてお楽しみ下さい
※ロールキャベツの具には、上記の材料の他ニンジン、ピーマン等もよく合います
また、スープの香り付けにセロリを使っても良い香りが出ます
パセリはここではイタリアンパセリを使用するので葉の部分が少ないですが、日本の縮れ葉のパセリの場合は1枝分残しても良いでしょう
ロールキャベツが煮崩れないようにパセリの芯で結んでいますが、長さが足りなかったり葉の部分しかなければ、もちろん結ばずに作ることもできます









© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés