マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le
remise en page le 18 mars 2012
ハーブ&チーズ・スコーン Scorn au fromage parfumé aux herbes aromatiques

短時間で手早く作れて、出来上がってすぐさま食べられるのでおやつによく作るもののひとつがこちらです
プレーンなものも美味ながら、色々なフレーヴァーで変化を付けられるのも楽しいところ
今回は甘味を加えず塩味で、プロヴァンスのハーブとチーズで香り付けしています
型抜きしても良いのですが、我が家では大抵、生地をナイフで切って小さな四角を焼いています
外はサックリ中はふんわり、そのままでも充分美味ですがお好みでバターを付けても良いです(カロリーを気にしなければね)
紅茶のお供でも、アペリティフにも向きますよ。

材料 : 約3cm角20個分
  • 強力粉又は薄力粉(半々でも):160g
  • バター(有塩):70g
  • 塩:1つまみ
  • ベーキングパウダー:大さじ半
  • プロヴァンスのハーブ:小さじ半
  • グリュイエールチーズ:50g
  • 打ち粉(強力粉):適宜
  • 牛乳:約60cc

  1. オーブンを温めておく
    ボウルに粉とベーキングパウダー、塩を混ぜてふるい入れる
    冷蔵庫から出したばかりのバターを薄切り又は小さめの角切りにしてボウルに加え粉をまぶし、指先でこすりあわせるようにしてポロポロの粉を作る

  2. グリュイエールチーズをすり下ろし、ハーブと共に1に加えて全体を混ぜる
    これに牛乳50ccを加え、菜箸で全体を混ぜてから手でひとまとめにする
    ここで水分が足りないようならば残りの牛乳も加えます
    ただし生地がベタベタと手にくっつく程に柔らかくしないように、また、パン生地と違ってこねてしまうと仕上がりがサックリしないので、ここは手早く行います

  3. 作業台又はまな板などに打ち粉をし、2の生地を乗せて1cm強の厚さに極力四角くのす
    型抜きする場合は型を使って抜き、ナイフで切る場合は3cm角(おおよそで良いです)に切り分ける

  4. 天板に(ホイルを敷いておくと取り出すのが便利)並べ、温めておいたオーブンに入れて180度でおよそ10分、ふんわりと生地がふくらみ、軽く焼き色が付けば出来上がり
※プロヴァンスのハーブが無ければ、タイムやローズマリーなどお好みの物で代用して下さい
いずれもドライを使った分量です
※チーズはグリュイエールに限らず、ハードタイプなら大抵何でも大丈夫です
パルメザンやペコリノの場合は塩分が強いので控えめにして塩も除いた方が良いと思います
※粉は我が家では中力よりやや強力寄りのフランスの小麦粉TYPE55を使っています
強力粉の方がサックリと仕上がりますが、水分を加えたらあまりこねすぎないようにしましょう
※トースターでも作れますが、上火が強くて焦げやすいので、ホイルをかぶせて焼き色を調整します。









© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés