マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le 5 juin 2001
remise en page le 13 mars 2012
オゼイユ・ソース Sauce à l'oseille

我が家の春の味「sauce aux oseilles(ソース・オゾゼイユ)」、
日本では“スイバ”と呼ばれるタデ科の野草で、日本にもこちらにも場所によっては野原に自生しており、 フランス(他いくつかの国)では、春になると季節の野菜として市場に並ぶ事があります
英語名はソレル(Sorrel)、矢尻形の柔らかい若葉を食用にします
爽やかな酸味ある味は食欲を増し、ヴィタミンにも富んで生のままでサラダ(風味が強いのとシュウ酸を含むので極少量)、スープ、オムレツ、肉・魚料理等々幅広く使われています
今回は、手軽で、肉、魚、野菜いずれとも相性の良いクリームソースをご紹介します
※ギシギシと呼ばれる野草に似ている他、イタドリをスイバと呼ぶ地方もあるようなのでご注意下さい(学名はRumes Acetosa

材料 :
  • オゼイユ(葉のみ):150g
  • 生クリーム:180cc
  • 塩:小さじ半
  • バター:20g

<必要な道具(目安)>
・大きなフライパン
・あればニンニク潰し

<賞味期限>
出来立てを賞味

  1. オゼイユは粗く刻む
    ホーロー等の小鍋にバターを入れ弱火にかけて溶かし、刻んだ葉を入れて2〜3分炒める
    変色して柔らかくなります

  2. 1の鍋に生クリームと塩を入れ、丁寧にかき混ぜながら同じく弱火で温める
    暖まれば出来上がり
    沸騰させると分離してしまうので注意しましょう
※茹でたじゃが芋、ポークや子羊のソテー、蒸し魚やムニエル等、お好みのお料理に暖かいソースを添えてどうぞ
※酸を含むため、利用する鍋はアルミや鉄でなく、ホーロー引き又はステンレス鍋を利用します。





© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés