マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le 16 janvier 2003
remise en page le 18 mars 2012
タルト・フランベ/フラムンキッシュ Tarte flambée ou Flammenkueche

ドイツ国境近くのフランスでも有数のビールの産地としても知られるアルザス地方。
そのビストロなどでお馴染みの、ピザに似たアルザス料理がこちら、タルト・フランベです。
フランベというとアルコールなどを加えて炎と共にアルコール分を飛ばしながら風味と加熱する事を示すのですが、そうした行程のないこのタルトに何故“フランベ”と付くのやら・・・?
疑問は残りますが、割とシンプルなスナック感覚のタルトです。
※フランス語ではピザもタルトの一種、作ってみると(又は作り方を見てみると)分かりますが、とろけるタイプのチーズを使わないだけでピザの一種です。
でも、好みで更に上から軽く一つかみ程のエメンタル又はグリュイエールチーズを散らしても良いです。

材料 : 2人分
  • 小麦粉TYPE55:150g
    (又は薄力粉・強力粉を半々にしたもの)
  • ぬるま湯:80〜100cc
  • ドライイースト:小さじ1弱
  • 塩1:2つまみ
  • クレーム・エペッス:60g
  • フロマージュ・ブラン:60g
  • 玉ねぎ:80g
  • ベーコン:80g
  • 塩2:2つまみ
  • コショウ:少々

作り方
  1. タルト(ピザ)生地を作る
    ぬるま湯(まず80cc)とイーストを溶き合わせて5分ほど置いておく ボウルに粉をふるい入れ、塩1を散らして軽く混ぜてから、イーストを溶いたぬるま湯を加える
    菜箸などで全体をかき混ぜ、あらかた混ざったら手でこねる
    水分が足りなければ、様子をみて少し加え、パン生地状にまとめて暖かい所で30分程、2倍にふくれるまで発酵させる
  2. タルト生地が発酵する間に、ベーコンは幅1cm程の短冊状に、玉ねぎは小さければ2つ、大きければ縦4つ割にしてから横に薄くスライスする
    ボウルなどにフロマージュ・ブラン、クレーム・エペッス、塩2、コショウを混ぜ合わせておく
  3. 発酵が済んだタルト生地に指を突き立ててガス抜きをし、1分程こねてから、打ち粉(分量外:強力粉推奨)をした作業台の上で直径26cm程に丸くのす
    外周1cm程を内側に織り込んで指先で押さえ、縁を作る
  4. 3でのしたタルト生地にクレームとフロマージュ・ブランのミックスを均一に塗り、玉ねぎ、次いでベーコンをまんべんなく散らす
    温めておいたオーブン(200度程)で15〜20分、ピザ生地に焼き色が付き、玉ねぎとベーコンに火が通ったらできあがり
    暖かいうちに召し上がれ
※トッピング用の塩の量は、ベーコンの塩味によって適宜調整して下さい
※コショウは粉状でも良いですし、好きな方は粗挽きコショウもどうぞ
アルザス風にこだわらなければ、タイムやローズマリーなどのハーブを少々散らしても美味しいです
※上からチーズを散らす場合は、エメンタル又はグリュイエール、もしくはピザ用チーズなど、すりおろしか刻みチーズを


 アルザスワインかビール、Muscat d'Alsace, Riesling, Edelzwicher など。








© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés