マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le 29 juin 2005
remise en page le 13 mars 2012
ズッキーニのテリーヌ Terrine de courgette

ズッキーニは、扱いが楽で煮ても焼いてもソテーしても美味しく、最近長野辺りの高原に滞在することの多い家族から、「ご近所の畑でたっぷり育てているのに皆さん使い方が分からないそうよ」との声が届き、放っておくと、土壌が良ければヘチマほどに育ってしまうので、既に他にもレシピは掲載していますが、一つシンプルに味わう夏野菜のテリーヌを追加することにしました。
両端(ヘタと花が付いていたおへそ)を切り落とせば、皮をむかずに丸ごと食べられるので、扱いはと〜っても楽なお野菜。
産毛のような細かいトゲのようなものがチクチクするくらいに新鮮なものを、また、育ちすぎて種が大きくなってしまったズッキーニは、加熱すると種周辺がトロトロに溶けて、折角の輪切りがリングになってしまうので、小振りのものを選ぶのも大切なポイントです。

材料 : 4人分(600mlのテリーヌ型1つ分)
  • ズッキーニ:400〜500g
  • 塩1:2つまみ
  • オリーヴ油:大さじ1
  • 好みでニンニク:1片
  • 玉子:2個
  • 牛乳:100cc
  • 塩2:小さじ3/4
  • 型塗り用バター:少々

<必要な道具(目安)>
・テリーヌ型等耐熱容器
・天板
・フライパンか鍋

<賞味期限>
冷蔵庫で2〜3日
  1. ズッキーニは、洗って水気を切り、ヘタ及びその反対側の花がついていた黒っぽい跡を取り除き、厚さ2mm弱の薄い輪切りにする(分量欄は正味量です)

  2. フライパンか鍋にオリーヴ油と、加える場合はみじん切りにしたニンニクを入れて弱中火にかけ、温まってきたらズッキーニを入れて、焦がさないように10分程、途中で塩2つまみを散らしてしんなりするまで炒める
    炒め終えたらザルにとって、余計な水気を落としてあら熱をとる

  3. ボウルに玉子を溶きほぐし、ミルクと塩を加えてよく混ぜ合わせる(プリン生地の要領)

  4. テリーヌ型(その他オーブンに入れられる器:欄外参照)の内側にまんべんなくバターかオリーヴ油を塗る
    ズッキーニを層になるように並べ、玉子液を注ぐ

  5. 天板にお湯を張ってテリーヌ型を乗せ、180〜200度のオーブンで30分程焼けば出来上がり
    あら熱を取ってから、又は完全に冷ました後冷蔵庫で冷やして、召し上がれ
※型は、同じ様な容量のものであれば、テリーヌ型にこだわらず、丸や楕円、或いは四角いグラタン皿や、パウンド型などを使っても構いません。 あまり底面積が大きいと乾燥気味に仕上がってしまうので、同じ容量でも程々(せめて5cm程は)高さのあるものが良いと思います
※特にハーブは加えず極めてシンプルにズッキーニを味わうレシピにしましたが、オールマイティーに使えるパセリや玉子と相性抜群のエストラゴン(フレンチタラゴン)、又はバジルを刻んで玉子液に加えても良いです。

 Cotes de Provenceコート・ドゥ・プロヴァンスのロゼ






© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés