マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le 9 aout 2005
remise en page le 13 mars 2012
フォカッチャ:Focaccia

パスタにピザ、小麦を使ったイタリア料理は世界に広がり、日本でもすっかり知名度の上がったイタリアのパン「フォカッチャ」
色々なタイプがありますが、我が家流はふんわり&しっとりめで、お食事パンとしてお料理に添えたり、サンドイッチにして楽しんでいます。
サンドイッチ例(案2つ)のレシピも用意しています。

材料 : 直径18cm1つ分
  • 強力粉7対薄力粉3ミックス:220g
    (フランスの粉ならTYPE55で良い)
  • 塩:小さじ1/3
  • 砂糖:小さじ半
  • ドライイースト:小さじ1
  • お湯:100cc
  • オリーヴ油:大さじ2
  • 打ち粉(強力粉):少々
  • 緑又は黒オリーヴ10粒前後
  • 上塗りオリーヴ油:少々

<必要な道具(目安)>
・ボウル

<賞味期限>
焼きたてを賞味、
又は焼いた翌日迄に賞味
  1. 指を入れてやや熱いお湯(40℃は越えないように)100ccを用意し、ドライイーストを混ぜ溶かして5分ほど置く
    ボウルに粉をふるい入れ、塩と砂糖を加え混ぜる

  2. イーストを混ぜたお湯にオリーヴ油大さじ2を入れ、ボウルの粉の中央に溝を作って注ぐ
    菜箸でボウルの中身を大雑把に混ぜた後、普通のパン生地作りの要領で手で生地を捏ね、なめらかな生地にし、丸めてボウルの底に置き、フタか硬く絞った濡れ布巾をボウルにかけて、温かいところで30〜40分、倍のボリュームになるまで発酵させる(適当な場所や道具がなかったら、ぬるま湯を入れたお鍋にボウルの底を浸しておくと良い)

  3. 一次発酵が済んだ生地に指を突き立ててガス抜きし、一旦生地をまとめる
    必要なら軽く生地に打ち粉をして、厚さ2cmほどの平たい丸に形成し、天板かその上にオーブンシートを敷いて生地を乗せオリーヴの実を突き刺すようにあしらってから、オリーヴ油少々を刷毛又は指先にとって薄く塗り、温かいところで15分ほど二次発酵させる(直径の大きなボウルなどを伏せて乾燥を防ぐ)

  4. 二次発酵の間にオーブンを温めておき、200℃ほどで15〜20分、薄いきつね色に焼き上げる
    オーブンから出してあら熱をとり、ほんのり温かいうちに召し上がれ
※余ったら、又は翌日味わう場合は、完全に冷ました後ビニール袋などに入れて乾燥を防いで保管しましょう。
涼しい時期なら常温でも2〜3日保ちますが、なるべく保管せず食べきってしまうようにして下さい。 特に湿度が高い時期、暑い時期にはカビやすいので要注意。








© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés