マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le 16 septembre 2005
remise en page le 16 mars 2012
スペインのデザート“カベヨ・デ・アンンヘル” Cabello de angel

仏語で言う「シュヴー・ダンジュCheveux d'ange」、“天使の髪”という名の、スペインのデザートです。
ロマンティックな感じの名ですが、実態はカボチャ。 しかもジャムのような甘煮。
本当は、スパゲッティカボチャ(そうめんカボチャなど通称はいくつかあります)ともまた少し違うタイプのウリの一種を使うらしいのですが、スパゲッティカボチャでも近いものが実現出来ます。
栗やさつま芋にも通じるようなまろやかな味わいの、甘味を強くしたような仕上がり。 ジャムとしては風変わりなものですが、これをパンやケーキ生地と併せたお菓子もあります。 栗きんとんがお好きなら、きっと楽しめると思いますよ。
丸ごとではなく、チャレンジ用に控えめの分量のレシピにしています。
簡単なようですが、幾度も試した結果、どうやらカボチャの熟し具合によって、仕上がりに繊維が見えるかどうかの違いがでるようなので、よく熟したものを使って下さい。

材料 :仕上がり量800mlほど
  • スパゲッティカボチャ生皮付き:800g
  • グラニュー糖:300g程

<賞味期限>
保存する場合は、瓶を消毒すること

  1. スパゲッティカボチャは、さっと洗ってから、皮ごと厚さ4cm程の輪切りにし、種とそれを囲んでいる繊維を取り除いてから、十文字にナイフを入れて4つに切り分ける

  2. たっぷりのお湯を沸かし、煮立ったら1のカボチャを入れて5分下茹でし、そっとザルに取り出してあら熱を取る
    手で触れて火傷をしない程度に熱が冷めたら、外皮をそっと取り除き、カボチャの実を鍋に集めて、実の重量の半分の(重さ)砂糖を全体にふりかけて30分程置いておく

  3. 水が出てくるので、30分程したらやや強めの弱火〜中火弱にかけて20分程、途中でそっとかき混ぜて全体に甘味が行き渡るようにして煮、細いスパゲッティ状の繊維が黄金色がかった透明になれば出来上がり
    固まった部分は、そっと菜箸でほぐすようにすると良い
※下茹でしすぎると、お砂糖を加えて煮た時にグズグズに煮崩れてしまい、「天使の髪の毛」の名の元である“繊維”が見えなくなって単なる激甘煮付けになってしまうので(味に変わりはありませんが)、下茹で時間はあまり長引かせないように気を付けて。








© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés