マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le 7 février 2006
remise en page le 17 mars 2012
チョコバナナ・パイ Chosson a la banane et au chocolat

朝一番、目覚めに欲しいのは甘いもの という私の、「時々朝食メニュー」の1つがこちら。
市販の折りパイ生地を使えば、チャチャッと手早く準備できます。
ショコラもバナナも、包めるだけ目一杯詰め込んで・・・
エネルギー補給に最も気兼ねなく食べられるのは朝ですが、しっかり食べたいおやつにもなります。
上の仏語タイトルの「Chausson:ショソン」とは、小さめな包みパイのこと。
フランスのパン屋さんで最も一般的なのは、「ショソン・オ・ポム」リンゴの包みパイです。
バレンタインデー用なら、もっと小さく作った方が可愛らしさを楽しめます。

材料 : 4つ分
  • 市販の折りパイシート:1枚
  • バナナ:1〜1.5本
  • チョコレート:100gほど
  • 卵黄:1個

<必要な道具(目安)>
・フォーク
・あれば刷毛

<賞味期限>
涼しい所で2日迄
  1. パイシート(写真は円形使用。以下それを前提)は、十文字に切り込みを入れて4等分する
    バナナは、幅5ミリの輪切りにする
    チョコレートは、ナイフで細かく刻んでおく
    オーブンは200度に暖めておく

  2. 切り分けたパイシートの半分、縁1cmは残すように、チョコレートを敷き輪切りのバナナを並べ、更にチョコレートを乗せて、パイ生地の具を乗せていない半分(具を乗せたのと反対側)をチョコ&バナナの上に折り返し、縁を揃えて軽く指で抑えた後、寝かせたフォークの背の先端で生地の合わせ目を端から丁寧に抑えて跡を付けながら固定する
    残り3枚のパイシートも同様

  3. 4つのパイ各々の表面に刷毛で(無ければ指先でそっと)卵黄をまんべんなく塗り、暖めておいたオーブン200度で15分程、こんがり黄金色に焼き色が付き、パイ生地が膨らむまで焼く

  4. 焼き上がったらオーブンから出し、あら熱を取れば出来上がり
※自家製パイ生地や、四角いパイシートがあれば、四角く作っても、もっと小さく、又はもっと大きく作ってもOK。 チョコレートとバナナの量は、当然ながら中に詰める量、作るパイのサイズ、パイシートのサイズによって前後します。
※チョコレートは、小さめに刻んだ方が詰めやすいです。
チョコレートの種類は、ミルクチョコレートでもブラックチョコレートでも、好みのものを使って下さい。 このレシピに関しては、質の善し悪しにこだわらないなら、どんな板チョコでも作れます。 ホワイトチョコレートとバナナの組み合わせは、私の好みでは今ひとつですが、そちらの方が好みならば、ホワイトチョコレートでもOK。









© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés