マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le 6 septembre 2006
remise en page le 15 mars 2012
モラセス・クッキー Molasesse&Ginger Cookies

アーミッシュのクリスマス・ジンジャー・クッキーの、我流レシピです。
本当は他にもスパイスが加わるのですが、ここではあまり強烈な香りにならないように、シナモンとジンジャーだけを使っています。
スパイス好きサンなら、他にクローヴ又はフランスのキャトルエピスを加えると、モラセスの濃厚な風味に複雑な香りが加わって、更に奥深い風味を楽しめます。
しっとりと焼き上げるのが大切なポイント。
焦げない程度に7〜8分焼いたら、すぐさま取り出して冷ましましょう。
小さなケーキのようなしっとり感を得られたら、大成功。

材料 : 45枚程
  • バター(普通の有塩):160g
  • グラニュー糖:160g
  • モラセス(焦げ茶で濃厚なタイプ):60g
  • 玉子(M):1個
  • 薄力粉(強力粉と半々でも良い):340g
  • ジンジャーパウダー:小さじ1
  • シナモンパウダー:小さじ1
  • ベーキングパウダー:小さじ1

<必要な道具(目安)>
・ボウル1〜2個
・ゴム又はシリコンべら
・オーブンペーパー

<賞味期限>
湿気と乾燥を避けて1週間

OXO シリコンスパチュラMラズベリー(私の愛用品)
このレシピのTOMATOのお勧めセレクションは
コチラ
  1. ボウルにバターを刻んで入れて、湯煎ですっかり溶かす
    バターが溶けたら湯煎から外し、モラセスをとグラニュー糖を入れて泡立て器(手動)でよく混ぜ合わせ、あら熱を取る(固まらない程度に冷ます)

  2. 1のボウルに玉子を割り入れ、均一になるようによく混ぜ合わせる
    ※玉子が混ざりにくいかもしれないので、慣れない人はボウルをもう一つ用意し、玉子に砂糖半量を入れてよく混ぜてから、1のバター&モラセスを少しずつ加え混ぜ、次いで残りの砂糖を入れて混ぜると良い

  3. すっかり混ざったら、粉、スパイス2種類、ベーキングパウダーをまとめて、まず半量をボウルにふるい入れ、シリコンべらであらかた混ぜ、残りの粉もふるい入れて、極力生地を練らないように、粉っぽさのないしっとりした生地になるよう混ぜ合わせる
    均一に混ざったら、ラップをして常温で30分程休ませる

  4. オーブンに余熱を入れておく
    休ませておいた生地を少しずつ取り、クルミ大のボールにまとめ、オーブンシートに乗せてそっと指の腹でおさえて厚さ1cm程の円盤状に潰す
    天板のサイズに合わせて、3cm間隔で同様に生地を形成し並べて行く

  5. 温めておいたオーブン180度、中段で、7〜8分焼き、取り出してケーキクーラーか網、無ければ2〜3重に敷いたキッチンペーパーの上に移して、すっかり冷ませば出来上がり
※モラセスには、割とよく使われるアメリカの一部などでは、ライトタイプとヘヴィタイプとあるらしいですが、かなり濃厚でドロリとした殆ど黒に近い焦げ茶のタイプを使っています。
今は日本でもモラセスは見つかるので、黒砂糖で代用できるかどうかの確認はしていません。 風味は近くはあるけれど、やはり少し違うので、モラセスを単純に黒砂糖に置き換えれば同じようなものが出来るとは言えません。
※焼きすぎると、生地がサクサクになってしまう前に、早々に色濃く焦げることと思います。 焼き過ぎないように気をつけて!
※写真の時は、丸めた生地を軽く押して平らにする時に、グラニュー糖を少しだけ乗せています。 殆ど飾り程度で好きずきですが、レシピではこの分のお砂糖は削除しています。 ちょっぴりジャリッとした食感を楽しみたかったら、指先に付けてチョチョッと生地を抑えれば同じようにできます。









© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés