マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le 13 janvier 2007
remise en page le 15 mars 2012
麻婆ズッキーニ

麻婆豆腐でもマーボー茄子でもない麻婆ズッキーニは、我が家の苦肉のアレンジ。
お豆腐はBIOのお店で250gのかなり固い木綿豆腐と400gのえらく水っぽい絹ごし風が3ユーロ弱で買えるのですが、中華或いは和風のあのふんわりしたお豆腐とは全く違うので、時々使うことはあれど、今ひとつ嬉しい成果が得られず、それならいっそとほぼ常備野菜のズッキーニに置き換えたものです。
麻婆ナスがあるのだから、ズッキーニでも良かろうという安易なアイデアですが、案外合うものです。
近頃は日本でも家庭菜園でズッキーニを育てる人が増えているようで目先の違う使い道を尋ねられるので、日本の家庭に入り込みやすいであろう、こんなアレンジは如何?

材料:大盛り2人分、少なめ4人分
  • ズッキーニ(直径3cm程迄が望ましい):400g
  • 豚挽肉又は合い挽き肉:150g
  • ネギ又はポワロの緑の部分:50〜100g
  • ニンニク:1片
  • 生姜:1かけ
  • ごま油1:大さじ1半
  • ごま油2:小さじ2
  • 醤油:大さじ2
  • 豆板醤かコチュジャン:大さじ1(好みで調整)
  • 砂糖:大さじ半
  • チキン又は野菜ブイヨン粉:小さじ1
  • 水:200cc(1カップ)
  • コーンスターチ:大さじ2
  • 好みでシブレットかあさつき:適宜

<必要な道具(目安)>
・フライパンか中華鍋
・ザル

<賞味期限>
出来立てを賞味
  1. 長ネギ又はポワロの緑の部分は、縦に2〜4本切り込みを入れて小口に刻む
    ズッキーニは細めを選び、洗って両端を切り落とし、食べやすい大きさの乱切りにする

  2. フライパンにごま油1(大さじ1半)を熱し、ズッキーニを入れて強めの火で焦がさないように(多少焼き色が付いても良い)全面に透明感が出るまで炒めたら、ザルに取って油とズッキーニから出る水分を落としておく

  3. フライパンをキッチンペーパーで拭ってから火にかけ、ごま油2(小さじ2)を熱し、長ネギを炒める
    これに分量の水の2/3、豆板醤、砂糖、醤油、ブイヨンを加え混ぜ、挽肉を加えて肉をよくほぐしながら肉にあらかた火を通す

  4. 3のフライパンにズッキーニを加えて3〜5分、強めの火で煮立てて、ズッキーニを好みの固さに煮ると同時に味を馴染ませる
    残りの水にコーンスターチを溶いてフライパンに加えて手早く混ぜ合わせ、とろみがつきソースに透明感が戻れば出来上がり
    熱々ご飯と共に召し上がれ
※片栗粉と違ってコーンスターチは冷めてもとろみが消えないので私は後者を使っていますが、お手持ちがあれば、またお好みで、片栗粉に置き換えても構いません。
割としっかりとろみが付く量ですので、サラリとしたソースにしたければ、少々量を控えましょう。
コチュジャン或いは豆板醤の量は、仕上がりの辛味に影響しますので、好みに量を調整して下さい。









© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés