マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le 9 fevrier 2007
remise en page le 13 mars 2012
シュークルート(アウァークラウト)用キャベツ煮 Choucroute

ドイツではザウァークラウト、フランスでは「シュークルートChoucroute」と呼ぶキャベツ漬及びそれを使ったお料理。
缶詰やパック詰めの殆どは、漬け物キャベツを調味した状態で、豚すね肉やソーセージを別途用意してキャベツを暖めてお皿に山盛りにしてサーヴできるようになっています。
ここでは、別ページに紹介している漬け込んだキャベツを、お料理にするための下準備方法です。
そこまで用意しておけば、お肉やお魚を添えてアルザス又はドイツ料理の「ザウァークラウト/シュークルート」には勿論、ホットドッグ等に、さっと暖めてすぐに食べられます。
あくまでも「キャベツ漬」を「キャベツ煮」にしてすぐ食べられるようにするレシピで、本格的にお肉と一緒に調理する場合は少々手順が異なります。
お肉と一緒に調理するレシピはまたいずれ。

材料:2人分(用途によっては3〜4人)
  • キャベツ漬:400〜500g
  • ガチョウか鴨の脂:大さじ1弱
    (無ければラード)
  • アルザスワインリースリング:120cc
  • 水:200〜250cc
<必要な道具(目安)>
・お鍋

<賞味期限>
冷蔵庫で1週間

Le Creusetル・クルーゼ ココット・オーバル25cm
このレシピのTOMATOのお勧めセレクションは
コチラ

  1. キャベツ漬をボウルなど器に取って水を注ぎ、2〜3度(途中で塩味をみて)濯ぎ、ギュッと絞ってザルに取る
  2. 鍋に脂を入れ火にかけて溶かし、絞ったキャベツを入れ水とワインを注ぎ、フタをして30〜40分程焦がさないように、途中で水分の様子を見て好みな加減に煮込めば出来上がり
    ※好みでブーケガルニかローリエの葉を加えて煮ても良い。
※お肉と共に蒸し煮にする場合は、脂を溶かした鍋でスライスオニオンを炒め、アルザス地方産の大きな焼き物の器に移してキャベツと肉を詰め、リースリングRieslingと水又はブイヨン、ブーケガルニを加えてオーブンでじっくり焼くか、お鍋で煮ます。
てんこ盛りのキャベツとお肉に別途茹でたソーセージを添えて、熱々をサーヴします。
上のようにキャベツ煮だけ用意しておけば、お肉(豚すね肉、胸薫製肉、ソーセージ)はブイヨン煮にして添えれば良く、キャベツだけを付け合わせに(冒頭に書いたようにホットドッグ等にも)できます。
どちらが最適かは、何に利用したいかにもよります。







© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés