マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le 21 septembre 2007
remise en page le 17 mars 2012
ココナッツのタルト Tarte au coco

フランスの海外県、マダガスカルのお隣レユニオン島の郷土菓子。
ココナッツファインは、ココナッツの実の果肉に当たる白い部分を乾燥させて細かく刻んだもので、製菓素材や輸入品コーナーで見つかることと思います。
我が家ではシナモン風味ですが、好み次第でシナモンは加えなくても構いません。
ちょっとしたアレンジをするなら、ラム酒に漬け込んだレーズンを加えても。

材料:24cmのタルト型1つ分
    <タルト生地>
  • バター:50g
  • 水:大さじ3
  • 薄力粉:70g
  • 強力粉:70g

    <フィリング>
  • バター:100g
  • 三温砂かグラニュー糖:150g
  • 玉子:4個
  • ココナッツファイン:150g
  • シナモンパウダー:小さじ半
  • ヴァニラ:少々
  • アプリコットジャム:200g

<必要な道具(目安)>
・タルト型
・ボウル、シリコンべら
・泡立て器(手動)

<賞味期限>
冷蔵庫で4日


Emile Henry タルト皿 24cm
このレシピのTOMATOのお勧めセレクションは
コチラ

  1. タルト生地を用意する。
    ボウルにバターを入れ湯煎で溶かしたら湯煎から外し、水を加え混ぜ、粉をあけて手早くかき混ぜる。
    この時、水は少々控えめにして、様子を見て追加すると良い。

  2. 生地があらかたまとまったら手で丸め、押しつぶして2〜3度折り畳んでから、軽く打ち粉(強力粉推奨、分量外)をしてめん棒でのし、タルト型に、空気が入らないように中心から底にピッタリと貼付けて行き、縁も固定する。
    型からはみ出る生地は切り落とし、乾燥を避けて涼しいところで30分から1時間休ませる。

  3. オーブンに予熱を入れ、タルト生地にピケし(膨らみ防止用にフォークなどでまんべんなく突つく)、焼き色が付かない程度に下焼きする。

  4. オーブンから出したタルト生地の底に、まんべんなくアプリコットジャムを塗る。

  5. フィリングを用意する。
    ボウルにバターを入れ湯煎で溶かしたら湯煎から外し、玉子が煮えない程度にあら熱をとった後、砂糖を加えすり混ぜ、玉子を1つずつ加え混ぜあわせる。
    これにシナモン(好みで)、ヴァニラ、ココナッツファインを加え混ぜる。
    アプリコットジャムを敷いた上に少しずつ分けてフィリング(もったりしているので、「流し込む」よりも「乗せる」)をまんべんなくあしらい、表面を平らにのして、予熱を入れたオーブン180度で40分程焼けば出来上がり。

    すっかり冷ましてから召し上がれ。

※焼き時間はオーブンによります。 お使いのオーブンの個性によって、適宜時間を調整して下さい。
フィリングがユルユルせず、そっと手で中心を抑えてみて、ポヨポヨンとせず、でももうちょっと焼いた方が良いかな?どうかな?と迷う程度で火を止めた方が、焦がさずに済むと思います。 多少焼きすぎても、焦げなければさほど支障はないことと思います。









© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés