マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le 21 octobre 2007
remise en page le 15 mars 2012
ハヤトウリのチキンソテー Sauté de chouchou au poulet

どう味わっても「中華風」或いはその流れを汲む「和風」とも言えそうなシーズニングですが、実はこちら、「クレオール料理」として教わったものです。
フランスの海外県レユニオン島には、中華料理の影響もあるためです。

材料:2人分
  • 小さめハヤトウリ:2個
  • 鶏フィレ肉:2つ(250gほど)
  • 水:60cc
  • コーンスターチ(又は片栗粉):大さじ1
  • 醤油:大さじ2
  • オイスターソース:大さじ1
  • ニンニク:1片
  • 生姜:ニンニク1片大
  • サラダ油:小さじ2
  • トウガラシ:1本
  • 好みでアサツキかシブレット:適宜
  • 必要に応じて塩:少々
  • コショウ:少々

<必要な道具(目安)> フライパン

<賞味期限> 出来立てを賞味
  1. ハヤトウリは、皮が硬いので残さず剥けるよう、二つ割にしてから縦に入る筋にそってまず切り分ける。
    種を外し、その周りのスポンジ状の部分も取り除いたら、丁寧に残さず皮を剥く。
    各切れを、6cm程の長さ、幅5mm程の細切りにする。
    (皮を剥く作業中べたつくので、流水の下をくぐらせて作業すると良い)

  2. 鶏肉は薄切り又は細切りにする。
    トウガラシは種を取り除いてみじん切り、ニンニクと生姜も各々みじん切りにする。
    水にコーンスターチ(又は片栗粉)を溶いておく。

  3. フライパンに油、ニンニク、生姜を入れて熱し、香りが立ったらハヤトウリとトウガラシを入れ炒める。
    ハヤトウリを歯ごたえ良く仕上げたければ、ここまでの素材を炒める時間は強めの火で2分にとどめ、柔らかめにしたければもう少し炒める。
    次いで鶏肉を入れてよく混ぜながら表面に火を入れ、醤油、オイスターソースを回しかけて混ぜる。
    更にコーンスターチを溶いた水を加えて混ぜ合わせ、とろみがつけば出来上がり。

    盛りつける前に味を見て、塩気が足りないようならお塩(又はお醤油少々でもOK)で調整して下さい。
    好みで、最後に刻んだアサツキ(又はシブレット/チャイブ)を散らします。
※クレオール風ならバスマティライスを添えて、アジア風なら短粒米を添えて、召し上がれ。
※我が家では、冷めてもとろみが残るコーンスターチを使っていますが、すぐ味わうなら片栗粉を使っても良いです(片栗粉は、暖め直した時にとろみが残らないので。でも、出来立てをすぐ味わうのが一番です)。









© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés