マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le 18 juillet 2008
remise en page le 13 mars 2012
野菜とツナのカルツォーネ Calzone aux légumes et au thon

夏野菜をたっぷり使った包み焼きピザ。
久しぶりにレストランで食べたらすっかりはまってしまい、色々作っています。
写真は、残りを焼き直したものなのでパリパリですが、焼きたてならもう少し柔らかめの生地の仕上がりです。
丁寧に炒めたお野菜たっぷりにチーズもたっぷりめがポイント。
モツァレラでなくエメンタルを使っても良いです。


材料:たっぷり2人(2個)分
    ピザ生地
  • 強力粉:250g
  • インスタントドライイースト:小さじ1
  • ぬるま湯:140程
  • 打ち粉用強力粉少々

    具材
  • オリーヴ油:小さじ2
  • ナス:300g
  • 玉ねぎ:100g
  • 西洋赤ピーマン:100g
  • 西洋緑ピーマン:100g
  • 水切りしたツナ缶のツナの身:150g
  • 好みでニンニク:1片
  • モツァレラチーズ:2個
    又はおろしたエメンタルチーズ:100g
  • 塩:小さじ1
  • 好みでバジル、オレガノなど少々

<必要な道具(目安)>
・フライパン
・めん棒

<保存期限>
焼きたてを賞味

  1. ピザ生地を用意する。
    ぬるま湯にイーストを溶いて保温しながら10分ほど置く。
    ボウルに粉を入れ塩を混ぜ、イーストを溶いたぬるま湯を加えて菜箸であらかた混ぜたらひとまとめにする。 この時ベタつくようなら粉を、粉っぽすぎてまとまりが悪いようならぬるま湯を追加して調整する。
    まとめた生地をパン生地を捏ねる要領ですべらかに、ねばりが出るまでよく捏ねるたら、保温して40分ほど(室温にもよる)2倍近く膨らむよう発酵させる。<
  2. パン生地を発酵させる間に、野菜を全て1cm強の角切りにし、ニンニクだけは薄切りにする。
    フライパンにオリーヴ油半量とニンニクを入れて火にかけ、オイルが暖まったら玉ねぎとピーマン二色を先に炒め始め、玉ねぎに大分火が入って透明感が出たら残りのオリーヴ油とナスを加えナスにも火を通す。
    極力水分を飛ばすように、やや強めの火力で炒めること。 最後に塩を散らし混ぜ(ハーブやコショうウを加えるならここで)、火から下ろしておく。
  3. ピザ生地のガス抜きをしたら2つに分け、強力粉を打ち粉に丸く直径30cm程にのす。
    巨大なギョウザの要領で、2等分したチーズの半量を片側に、縁を2cm程残して散らし、炒めておいた野菜半量を乗せ残り半量のチーズを散らしたら、具を散らした側のピザ生地の縁を水少々極軽く湿らせて、もう片側のピザ生地をパタンとかぶせて縁の合わせ目を少し起こして折り返すようにして固定ししっかり包む。
    ピザ生地残り半分も同様に。
  4. 予熱を入れた200〜220度のオーブン中段で15〜20分程(オーブンによる)、焼き色が付くくらいによく焼けば出来上がり。

※ピザ(パン)生地をよりパリッとさせたかったら、生地にオリーヴ油大さじ1ほど加えるか、形成した表面に刷毛で薄くオリーヴ油を塗っても良いです。
我が家のは素朴な風合いの仕上がり、パン生地はオイル抜きです。







© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés