マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”
http://www.franco-japonais.com/tomato/
mes recettes
更新日 mise en ligne le 21 août 2001
remise en page le 29 décembre 2013
Pâtes froides à la sauce tomate トマトの冷製パスタ

茹でたパスタは普通、水洗いしませんよね、今回はちょっと例外です。
素麺じゃあるまいしと言われそうですが、このソースには勿論温かいままの茹で立てパスタも合いますが、スパゲッティかそれよりもやや細めのロングパスタを冷やしたものがお勧めです。
アルデンテを一歩越える程に茹であげたパスタを流水又は冷水に取って手早く冷まし、しっかり水気を切って用意して置いたソースと絡めるだけ。
暑い最中に料理をする気も食べる気も起きない、なんて時の救いの1品にもなりうるかも・・・

材料 : 2人分
  • 熟したトマト:300g
  • 玉ネギ:50g
  • 生バジルの葉:10枚ほど
  • オリーヴ油:大さじ3
  • 塩:小さじ1/3
  • スパゲッティ:200〜250g 
<必要な道具(目安)> フライパン
<賞味期限> 出来立てを賞味

  1. トマトの皮をむき(湯むきしても良い)、種を取り除いて細かく刻む。
    (種は酸味と水分が多くなってしまうため:好みで残しても構わない)。
    玉ネギは可能な限りに細かいみじん切りにする。
    バジルの葉は粗く刻んでおく(手で千切るかハサミで切っても良い)。

  2. 全ての材料を器に入れて混ぜ、冷蔵庫で2?3時間寝かせる。
    ※あまり時間が経つとトマトのジューシー感がやや欠け始めますが、冷蔵庫で最長2日程度までは保存が可能。
    ※寝かせるのは好きずきでもありますが、単に冷やすだけでなく漬け込んで置く事によって生玉ネギの味が多少まろやかになり、全体に風味が馴染むためです

  3. パスタを、アルデンテよりもむしろパッケージ表示の規定近くまで(好みですが)茹でる。
    茹で上がったパスタをザルなどにあけ、手早く流水ですすいで熱を取る。
    流水であら熱がとれたら、氷水にサッと通して冷やしても良い。
    水気をしっかり切って器に盛り、ソースを添えてテーブルへ。

    ★いつもはふんだんにニンニクを使う傾向のある我が家ですが、今回は加熱しないので加えていません。
    勿論、お好きな方は刻んだりすり下ろしたりして加えても結構です。
    また、漬け込んで置く間に香りが移るように、寝かせた包丁で軽く叩いてヒビを入れたニンニク1片で香りのみをほのかに移すという方法もあります。

    ★パスタの水気は可能な限り取り除いておきましょう。 さもないとソースが水っぽく薄まってしまいます


赤かロゼワイン、Cotes de Provence, Saumur Champignyなど。

頂いたご意見

●22004/6月 Ai さん(ゲストブックにて)
テキサスは40度近い日が続いています。
そんなときは、やはりさっぱりとしたものが食べたいと思い、また、マダムにお世話になりました。トマトの冷製パスタ、おいしかったです。あと、ラタトゥイユのパスタもおいしかったです。











© Mme.TOMATO : "Gourmets Garden" de Mme.TOMATO
All rights reserved / Tous droits résérvés